武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ニース&コルシカ島紀行(2018年9月2日~14日)

ニース&コルシカ島紀行(14)9月12日~最後の最後にえらいこっちゃ!!

投稿日:

12日夕方、南仏ニース空港からエミレーツ航空でドバイへ飛び立ち、翌13日夕方には関空以外の日本の空港に降り立つ予定でした。

台風21号で被害に遭った関西国際空港がまだ復旧しておらず、帰国便がどうなるのか心配していましたが、旅を続けている間、そのことがすっかり忘却の彼方へ……。

なんと能天気な~(^^;)

それに、ぼくは楽観的な性格でして、空港にいけば、なんとかなるやろと思っていたました。

ところが、なんとかならなかった~❗(笑)

以下、ニース空港のターミナル2にあるエミレーツ航空のカウンターでのフランス人女性スタッフとのやり取り。

ジュリエットという名だったので、Jさんと記します。

パッと見がジュディ・オングに似ている女性でした。

Jさん「KIX(関空)がダメ。ドバイから飛行機が飛びませんねん」

私「知ってますがな。成田かどこか日本に飛ぶ便をお願いします。日本に帰りたい~」

Jさん、しばしコンピューターとにらめっこ。

Jさん「成田に行けますよ❗  ただし、ずっと満席状態でして、26日なら🆗です」

私「26日! とうことはあと2週間後ですか??」

Jさん「そういうことになりますね。それまでニースでのんびりしはったらどないですか」

私「そらアカン。そんなヒマ人とちゃいまっせ。仕事がどっさりありますねん。どうしても今日か明日の便で帰りたい❗  別の飛行機会社に当たってくださいよ!!」

Jさん「うーん、ちょっと待ってください」

再度、コンピューターとにらめっこ。

Jさん「エールフランス……、アカン。英国航空……、アカン。ルフトハンザ……、アカン。フィンエア……、これいけそう❗」

私「よかった、よかった❗」

喜んだのもつかの間、「アカンかった……」

私「ほんま、何とかしてよ❗ 日本に戻りたい!!!」

Jさん「ウララ、ウララ、ウララ~」

山本リンダのオンパレード……。

フランス人はパニくると、みな山本リンダになりはります。

Jさん「見つけました❗ トルコ航空。これならいけますわ。今日の夕方の便でいけるかも。トルコ航空のスタッフに言うといてあげるさかい、早うカウンターに行ってください」

私「トレビアン! メルシー、サンキュー、ダンケ、おおきに❗」

すぐさまシャトルバスに乗り、ターミナル1のトルコ航空のカウンターへ。

同社のスタッフに事情を言うと、「ちゃんとエミレーツ航空さんから伺ってます。ただし、明日になります」

まぁ、しゃあないです~😅

飛んでイスタンブール~🎵🎵もええか(笑)

すぐに航空券を発券してもらい、バスでニースの町へUターン。

ホテルはどこも満室でしたが、何とか駅前の安ホテルが空いてました。

部屋は最上階の5階、エレベーターなし~😭

えっちらおっちら重い荷物を持ち上げ、部屋に入ると、クーラーではなく、扇風機が待ってました(笑)

やれやれ。

ということで、明日(13日)夕方のトルコ航空でニースを発ち、イスタンブール経由で14日夜、成田着になります。

つまりニースにもう1泊することになりました~✴

ここで4泊するとは……😅

よほどご縁があるんですね。

それにしても1日だけの待機ですみ、ラッキーでした~(^_-)-☆

-ニース&コルシカ島紀行(2018年9月2日~14日)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニース&コルシカ島紀行(8)9月8日~コルシカ鉄道でバスティアへ

ニース&コルシカ島紀行(8)9月8日~コルシカ鉄道でバスティアへ

山岳地帯を走るコルシカ鉄道にはぜひとも乗りたいと思うてました。 現在、フランス国鉄の管理下にあります。 今朝、非常に居心地の悪かった(笑)アジャクシオのホテルをチェックアウト後、鉄道駅へ向かい、次の目 …

ニース&コルシカ島紀行(3)9月4日~コート・ダジュールを避け、町中の公園へ

ニース&コルシカ島紀行(3)9月4日~コート・ダジュールを避け、町中の公園へ

ニースといえば、「コート・ダジュール(紺碧の海岸)」を象徴するビーチで知られていますね。 「フレンチ・リヴィエラ」とも呼ばれています。 こちらに来て、まだ地中海を目にしていなかったので(笑)、プロヴァ …

ニース&コルシカ島紀行(5)9月6日~コルシカ島ってこんなところ

ニース&コルシカ島紀行(5)9月6日~コルシカ島ってこんなところ

コルシカ島は思っていた通り、独特な風土でした。 フランスなのに、かなりイタリアっぽい。 1769年にフランス領になるまで、ピサやジェノバのイタリア諸侯の領土だったので、納得できます。 固有のコルシカ語 …

ニース&コルシカ島紀行(1)9月3日~ニースではアパルトマンの「民泊」に投宿し、古代遺跡へGO~

ニース&コルシカ島紀行(1)9月3日~ニースではアパルトマンの「民泊」に投宿し、古代遺跡へGO~

2018年9月2日の午後11時45分、関西国際空港からエミレーツ航空でドバイ→ニースへと飛び立ちました。 一昨年のスペイン取材旅行もこの便でした。 搭乗すると、美味な料理とワインをいただいて眠るだけ~ …

ニース&コルシカ島(12)9月11日~さらば、コルシカ!

ニース&コルシカ島(12)9月11日~さらば、コルシカ!

アジャクシオに3泊、バスティアに3泊~とコルシカ島で計6泊しました。 つまり1週間、滞在したことになります。 その間、ずっと快晴でした~☀ 最高気温が29度で、湿気がなく、地中海から涼風 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。