武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ニース&コルシカ島紀行(2018年9月2日~14日)

ニース&コルシカ島紀行(10)9月9日~古都コルテへ小旅行

投稿日:2018年9月17日 更新日:

コルシカ島北東部のバスティアに来たのは、東方約80キロ沖合いのエルバ島(イタリア)への日帰り旅行をするためでした~🚢

エルバ島は皇帝を退位させられたナポレオンが流され、299日後に脱出した島です。

その後、ナポレオンは皇帝に復位するも、ワーテルローの戦いで敗れ(三日天下!)、二度と脱出できないように南大西洋の孤島セント・ヘレナ島へ送られ、そこで生を全うしました。

夏のシーズンには、バスティアから週に3回、エルバ島行きのフェリーが運航されています。

ところが9月になると、限られた日しか就航しておらず、バスティア滞在中にはそのフェリー便がないことがわかり、愕然としました~😣

またも詰めが甘かった~(;_;)/~~~

最近、この手のミスが増えてきてるなぁ~😣

まぁ、時間ができたので、コルシカ鉄道を使って山間部にある古都コルテを訪れました。

山の上に城塞があり、何とも落ち着いた雰囲気。

島で唯一の大学、コルシカ大学もここにあります。

どうしてコルテが古都なのかというと、1755年、ジェノバから独立を勝ち取ったあと、ここに都が置かれたからです。

各地で素敵な光景と出会え、充実したコルシカ博物館に堪能し、エルバ島のことなどすっかり頭から吹き飛んでしまいました~(笑)

コルシカ特産品の店

で、ナポレオンですが、先日、滞在したアジャクシオで生を授かったにも関わらず、コルシカ島では極めて影が薄いのです。

ナポレオンの像がそこいらにあり、ナポレオン・グッズが多々、出回っていると思いきや、あまり目にしません。

バスティアの中央広場にはローマ皇帝風にナポレオン像が屹立していましたが……。

やはりナポレオンの父親がジェノバからの独立戦争時(1729~55年)、指導者パスカリ・パオリの副官であったにも関わらず、裏切ってジェノヴァに加担するフランス軍側に就いたことや、ナポレオン本人も独裁者として中央集権を推し進め、コルシカ島の固有文化を蔑ろにしたからでしょう。

因果応報……。

コルシカ島の最大の英雄は何といっても、独立戦争に勝ち、独自政府を樹立したパスカリ・パオリです。

あちこちに像やモニュメントがあり、ワインの銘柄や通り名にしているところも多くあります。

バスティアのモニュメント

アジャクシオのパスカリ像

ワインの銘柄にも

コルテには立派な像が立っていました。

コルシカ島=ナポレオンというイメージが強かっただけに、日本と現地の温度差に唖然としました。

やっぱり現場を踏まな実像が見えてきませんね。

-ニース&コルシカ島紀行(2018年9月2日~14日)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニース&コルシカ島紀行(13)9月12日~マティスとシャガールの美術館

ニース&コルシカ島紀行(13)9月12日~マティスとシャガールの美術館

昨夜、コルシカ島のバスティアから約5時間半、フェリーに乗ってニースに戻ってきました。 やはりこちらは都会ですね。 今日が旅の実質的な最終日。 飛行機のフライトまで時間があるので、山手のアンリ・マティス …

ニース&コルシカ島紀行(4)9月5日~フェリーでコルシカ島のアジャクシオへ

ニース&コルシカ島紀行(4)9月5日~フェリーでコルシカ島のアジャクシオへ

ニースのフェリーターミナルに巨大な船体~❗❗ これ、コルシカ島へのフェリーです。 イタリアの船会社「コルシカ&サルディーニア・フェリー」。 午後2時半に出港し、午 …

ニース&コルシカ島紀行(5)9月6日~コルシカ島ってこんなところ

ニース&コルシカ島紀行(5)9月6日~コルシカ島ってこんなところ

コルシカ島は思っていた通り、独特な風土でした。 フランスなのに、かなりイタリアっぽい。 1769年にフランス領になるまで、ピサやジェノバのイタリア諸侯の領土だったので、納得できます。 固有のコルシカ語 …

ニース&コルシカ島紀行(8)9月8日~コルシカ鉄道でバスティアへ

ニース&コルシカ島紀行(8)9月8日~コルシカ鉄道でバスティアへ

山岳地帯を走るコルシカ鉄道にはぜひとも乗りたいと思うてました。 現在、フランス国鉄の管理下にあります。 今朝、非常に居心地の悪かった(笑)アジャクシオのホテルをチェックアウト後、鉄道駅へ向かい、次の目 …

ニース&コルシカ島紀行(11)9月10日~料理&お酒

ニース&コルシカ島紀行(11)9月10日~料理&お酒

この日は終日、バスティア市内を散策しました。 南側の旧港の向こう側にある旧市街の風情が非常に味わい深かったです。 裏通りに入ると、洗濯物が干されており、イタリアの裏町そのもの。 ジェノバとよく似ている …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。