武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ニース&コルシカ島紀行(2018年9月2日~14日)

ニース&コルシカ島紀行(8)9月8日~コルシカ鉄道でバスティアへ

投稿日:

山岳地帯を走るコルシカ鉄道にはぜひとも乗りたいと思うてました。

現在、フランス国鉄の管理下にあります。

今朝、非常に居心地の悪かった(笑)アジャクシオのホテルをチェックアウト後、鉄道駅へ向かい、次の目的地バスティアまでのチケットを購入しました。

アジャクシオ駅

バスティアは島の北東部にある第2の「都市」です。

駅構内にあるカフェで、カフェオーレとクロワッサンの朝食を取っていると、停車している列車(2両編成のディーゼル車)に乗客がぞくぞくと乗り込んでいきます。

発車時間は午前8時12分のはず。

「あれっ、何で急いではるんやろ? まだまだゆとりがあるのに。イラチな人ばっかりや~」

別段、気にも留めず、悠然とクロワッサンを頬張っていたら、店から誰も人がいなくなった~❗❗

えっ、えっ~?

壁面に貼られた時刻表を見ると……。

そや、今日は土曜日やった~❗❗

なんと発車時間が7時43分でした!!

平日と土、日では列車の運行時間が異なる、その当たり前のことを忘れていました。

というか、曜日の感覚がなくなっていた~😓

時計を見ると、まさに発車時間~❗❗

ガーン~😱😱

この列車を乗り過ごすと、昼頃まで待たなあきません。

反射的にカフェオーレでクロワッサンを飲み込み、荷物を引っ張り、ダッシュ~🏃💨💨💨

列車が今まさに動き出そうとしたとき、何とか飛び乗れました。

やれやれ~(^^;)

なんでもダメ元で行動に移さなあきまへんな~(笑)

コルシカ鉄道の列車は先日、ニースから乗ったプロヴァンス鉄道の車両とよく似ており、車内はいたってキレイです。

こちらはフランス国内唯一の狭軌鉄道。

だから横揺れがあります(笑)

列車はゆるりゆるりと傾斜を上っていき、いつしか山の世界に入っていました。

典型的な山岳鉄道です。

コルシカが「山の島」であるのを実感できます。

途中の駅はほとんど無人駅でした。

そんなこんなで、「えらいこっちゃ~!」のあと、3時間半の快適な列車の旅と相成りました。

-ニース&コルシカ島紀行(2018年9月2日~14日)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニース&コルシカ島紀行(7)9月7日~島の最南端ボニファシオで「イェーツ!!」と絶叫

ニース&コルシカ島紀行(7)9月7日~島の最南端ボニファシオで「イェーツ!!」と絶叫

いつもの癖が出て、「イェーッ~!!」と叫んできました。 アジャクシオのバスターミナルから午前8時半発のバスに乗り、途中、小型のバス(バン?)に乗り換えて最南端の町ボニファシオへ。 バスの車内 車窓の光 …

ニース&コルシカ島紀行(2)9月4日~プロヴァンス鉄道で山間部のアントルヴォー村へ

ニース&コルシカ島紀行(2)9月4日~プロヴァンス鉄道で山間部のアントルヴォー村へ

日本で超大型の台風21号が猛威をふるっていた4日の火曜日はニースの博物館がすべて休館日とわかり、愕然としました。 この日に博物館巡りをしようと思っていたのに…………。 ヨーロッパでは月曜日=休館日とい …

ニース&コルシカ島紀行(9)9月8日~バスティア博物館の特別展示『コルシカ人のアイデンティティーと移民』

ニース&コルシカ島紀行(9)9月8日~バスティア博物館の特別展示『コルシカ人のアイデンティティーと移民』

コルシカ鉄道で到着した西海岸のバスティアは非常に雰囲気のいい街でした。 人口は6万人弱です。 フェリーターミナルの周辺はアジャクシオよりも洗練されており、街全体の活気もこちらの方が勝っているような気が …

ニース&コルシカ島紀行(4)9月5日~フェリーでコルシカ島のアジャクシオへ

ニース&コルシカ島紀行(4)9月5日~フェリーでコルシカ島のアジャクシオへ

ニースのフェリーターミナルに巨大な船体~❗❗ これ、コルシカ島へのフェリーです。 イタリアの船会社「コルシカ&サルディーニア・フェリー」。 午後2時半に出港し、午 …

ニース&コルシカ島紀行(5)9月6日~コルシカ島ってこんなところ

ニース&コルシカ島紀行(5)9月6日~コルシカ島ってこんなところ

コルシカ島は思っていた通り、独特な風土でした。 フランスなのに、かなりイタリアっぽい。 1769年にフランス領になるまで、ピサやジェノバのイタリア諸侯の領土だったので、納得できます。 固有のコルシカ語 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。