武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒 映画

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)、ようやくゴールイン~(^_-)-☆

投稿日:

新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の見本が届きました~❗

ようやくゴールインです。

やれやれ~(#^^#)

これで通算、22冊目(自費出版の1冊を含む)の自著となります。

まぁ、いいペースかな。

本を開くと、初々しいインクの匂いが心地よくく鼻をすぐります~💡😁

毎回、この感触を得たいがために本を出し続けているのかもしれませんね(笑)

書店には10日前後になるそうです。

Vol.1と並べると、ビジュアル的にもなかなかええ塩梅やと思うんですが、いかがですか?

-お酒, 映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蒼井優ちゃんが熱演! 恋愛時代劇~『雷桜』

蒼井優ちゃんが熱演! 恋愛時代劇~『雷桜』

  Ⓒ2010「雷桜」製作委員会 日本の女優で気になるのが蒼井優です。 演技へののめり込み度が高く、ますます巧くなっていくのではと期待できるから。 時代劇の『雷桜』で、彼女がイケメン俳優の …

夫婦で地道な反ナチ抵抗活動~『ヒトラーへの285枚に葉書』

夫婦で地道な反ナチ抵抗活動~『ヒトラーへの285枚に葉書』

ミュンヘン大学での白バラ抵抗運動、ヒトラー暗殺未遂事件……。 第二次大戦中、ドイツ国内での反ナチ活動を題材にした映画が少なからず作られてきた。 その中で、市井の民を主人公にした本作は異色作といえよう。 …

大島渚監督、逝く……~あゝ、『戦場のメリークリスマス』

大島渚監督、逝く……~あゝ、『戦場のメリークリスマス』

大島渚監督が亡くなられました。   享年、80。   ぼくにとっては、大阪・釜ケ崎(アイリン地区)を舞台にした『太陽の墓場』(1960年)が大島映画の原点でした。   商 …

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

映画配給会社の試写室にはいろんな人が来はります。 新聞社の映画担当記者、浜村淳さんに象徴されるタレント、放送、雑誌、ネット系の映画担当者、映画ライター、その他映画業界の関係者……。 そんな中で異色な人 …

『キャデラック・レコード』~ブルースを育んだレコード会社の足跡

『キャデラック・レコード』~ブルースを育んだレコード会社の足跡

大学時代、ジャズとともにブルースをよく聴きました。いまでも大好きです。 単調ながらも深みのあるブルースの旋律を耳にすると、そのサウンドに身も心ものめり込んでしまうことがあります。 そのブルースを、アメ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。