武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

『キャピタリズム マネーは踊る』~マイケル・ムーアの怒り

投稿日:2009年12月7日 更新日:

アメリカは、言わずと知れた資本主義国家です。その根幹を見据えるドキュメンタリー映画『キャピタリズム マネーは踊る』がいま公開されています。
いろんな意味でかなり面白いです。以下、ぼくの映画エッセーを載せます。
   *     *     *     *     *     *
キャピタリズム・
(C)2009 PARAMOUNT VANTAGE,A DIVISION OF PARAMOUNT PICTURES CORPORATION,AND OVERTURE FILMS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
「金を返せ!」。マイケル・ムーア監督の怒りが渦巻いていた。
昨秋来の世界同時不況の原因を作りながら、その後も私利私欲に走るウォール街の金融機関の役員を税金泥棒呼ばわりし、逮捕しようとするのだから。シニカルな笑いを誘うパワフルな行動力に脱帽!
銃社会をえぐった「ボウリング・フォー・コロンバイン」(2002年)、対テロ戦略を露呈させた「華氏911」(04年)、医療問題に迫った「シッコ」(07年)。
こうしたドキュメンタリー映画を通して、米社会の恥部・暗部をあぶり出してきたムーア監督が、今回挑んだテーマは資本主義とカネ。
何と壮大な~! 自ら集大成と位置づける。撮影開始後に金融危機が起きたという。
住宅ローンの遅延で自宅を追われる人、その裏で利益を上げる悪徳不動産業者、突然のリストラに戸惑う工場労働者、低賃金に甘んじるパイロット……。
日本と状況が異なる点が多いけれど、次々に示される実態は決して無縁ではない。
圧倒的多くの国民に犠牲を強いる歪んだ資本主義に疑問を投げかけ、格差社会が広がる現状から民主主義にまで言及し、金融危機のカラクリを暴いてみせる。
話の展開は強引とはいえ、お家芸の挑発的な突撃取材に拍車がかかり、加速度的に勢いが増す。気がつけば、エンディングといった具合。
一番印象深かったのは、専門家ですらデリバティブ(金融派生商品)を正確に説明できないシーン。得体の知れない金融経済の一面を垣間見た気がした。
そして金儲けのためには弱者を食い物にする人間の欲深さを改めて実感させられた。
全てシロクロはっきりとつけ、多分に恣意的で、娯楽色が強い。だから非常にわかりやすい。この監督の常套手段だ。それを承知の上で観てほしい。2間7分。★★★★(見逃せない)
(日本経済新聞2009年12月4日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)
キャピタリズムのHP

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関西経済連合会で講演~『映画のはじまり、みな関西』

関西経済連合会で講演~『映画のはじまり、みな関西』

スリランカの哀しみをグッと胸に収め、今日の昼、中之島のホテル「リーガロイヤルNCB」でかつてないほどビッグな講演に臨みました。 関西経済連合会の評議員会で、『映画のはじまり、みな関西』をテーマにお話し …

パワーアップした第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

パワーアップした第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

イギリス・ロンドンで半年間、英語留学してきた教え子の倉田君(関大JP5期生)が昨夜、お土産のスコッチ・ウイスキー(シングル・モルトのBladnoch)を提げて、会いに来てくれました。 内定していた金融 …

26日(日)15時から豊中のショットバー・リーでトークライブの第2弾~(^_-)-☆

26日(日)15時から豊中のショットバー・リーでトークライブの第2弾~(^_-)-☆

先日、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店で、新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の発刊記念イベントを済ませたところですが…………。 今度は豊中・服部のショットバー・リーで、 …

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

映画は「なんば」からはじまった!~12月7日(木)18:30~、難波の大阪府立大学サテライト・キャンパスで

大阪と映画との深い関わりを探った拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓して、早1年以上が経ちました。 難波が映画興行(仏リュミエール商会のシネマトグラフ)のみならず、映画上映(米エジソン商会のヴァ …

ヴィスキー、ちょうだい~

ヴィスキー、ちょうだい~

この美女がだれだかわかった人は、ご年配の方か、それともかなりの映画愛好家、はたまた洋酒通~。ほんまにべっぴんさんでしょ。こんな女性に見つめられたら、ぼくなら100%確実に金縛り状態になっちゃいます。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。