武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

投稿日:

某大国の大統領が入国の一時停止を発令し、改めてクローズアップされた難民・移民の問題。

それに直面しているイタリアの小島の現状を本作『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』はあますことなく伝えています。

意外性に、あっと驚くと思います。

映画ファンのための感動サイト『シネルフレ(cinereflet)』の〈武部好伸のシネマエッセイ〉で詳しく書かせてもらっています。

大阪での公開は、25日からシネ・リーブル梅田で。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『今度は愛妻家』~夫婦善哉の現代版!?

『今度は愛妻家』~夫婦善哉の現代版!?

(C) 2010「今度は愛妻家」製作委員会 いま公開中の日本映画『今度は愛妻家』……。 ヨトエツと薬師丸の夫婦がなかなかええ味を出しております。 シネマエッセーをどうぞ。     *      *   …

拙著『大阪「映画」事始め』、『大阪の歴史』で紹介されました!

拙著『大阪「映画」事始め』、『大阪の歴史』で紹介されました!

このほど刊行された大阪市史料調査会の紀要『大阪の歴史』(編集:大阪市史編纂所)第85号の「新刊図書紹介」に、拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)が載りました。 調査員の古川武志さんが過分な評価をしてい …

『ウルフマン』、伝説の怪奇映画をリメーク~

『ウルフマン』、伝説の怪奇映画をリメーク~

好天に恵まれたゴールデンウィークですね。 夏日とあって、野外で開放感に浸っている人が多いのではないでしょうか。 こんなときこそ、暗い映画館でホラー映画はいかがですか。 アメリカ映画『ウルフマン』の映画 …

映画『春画と日本人』……、Spring(春)を描いた絵画ではありません(笑)

映画『春画と日本人』……、Spring(春)を描いた絵画ではありません(笑)

春画の映画――。 こう聞くと、鼻の下を伸ばし、ニヤける男性諸氏が多いかもしれませんね。 ぼくもその1人です~(笑)。 でも、大阪・第七藝術劇場で公開中の『春画と日本人』はベクトルがちゃいます。 何せ文 …

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

喜劇王、チャップリン。   この人が亡くなって、もう36年も経つんですねぇ。   『キッド』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』……。   映画史にさん然と輝く名作が …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。