武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

偏見と差別が「家族」を壊す~アメリカ映画『チョコレートドーナツ』

投稿日:2014年5月9日 更新日:

 

 

©2012 FAMLEEFILM, LLC

この映画はきっと心に響くと思います。

 

1か月以上前に試写で観ましたが、今でも余韻が残っています。

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

得も言われぬ居心地の良い場所が、偏見と差別によっていとも簡単に瓦解する。

 

その惨たらしさを本作はストレートにえぐる。

 

ゲイのカップルと不遇な男の子。

 

彼らが奏でる哀しくも温かいアンサンブルがいつまでも耳から離れない。

 

ショーバーで女装し、艶っぽく歌うルディ(アラン・カミング)とゲイであることを隠して弁護士を務めるポール(ギャレット・ディラハント)が恋に落ちる。

 

今では考えられないが、1979年の米国は同性愛に対して極めて不寛容だった。

 

そんな中、愛を育む2人の前にダウン症の少年マルコ(アイザック・レイヴァ)が現れる。

 

母親が薬物依存症で、まともに養育されておらず、常に孤独だ。

 

同情が多分にあったにせよ、チョコレート・ドーナツが大好きなマルコの純真さが、挑発的で危険な匂いを放つルディとドライなポールの心を丸くさせる。

 

アウトサイダー(異端分子)と見られていた彼ら3人が寄り添い、慈愛に満ち溢れた「家族」を構築する。

 

映画は、その過程を実に優しい眼差しで見つめる。

 

後半はしかし、様相が一変する。

 

裁判ドラマと化し、過酷な現実を容赦なく映し出す。

 

人間性を見ずして、性的志向に基づく偏狭な価値観に支配される法廷に胸が締め付けられた。

 

実話の映画化。

 

ともすれば感傷的になりやすい内容だ。

 

トラヴィス・ファイン監督は彼らがマイノリティー(少数派)である事実をありのままに描き、それを大幅にそぎ落とした。

 

感情の起伏を自在に操るカミングの演技が素晴らしい。

 

歌唱力も十分。

 

とりわけルディの切なる気持ちを託したボブ・ディランの名曲「I Shall Be Released」には魂が震えた。

 

「I」を「We」に変えての熱唱……。

 

日本では虐待や不適的養育などで家族の愛情をもらえない子供が増えている。

 

その現実を突きつける映画としても価値があった。

 

1時間37分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆5月10日からシネ・リーブル梅田、京都シネマ、5月24日シネ・リーブル神戸 にて公開。

 

(日本経済新聞2014年5月8日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

映画講座『笑いと涙……チャップリン』、12日(土)13:00~14:30

喜劇王、チャップリン。   この人が亡くなって、もう36年も経つんですねぇ。   『キッド』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』……。   映画史にさん然と輝く名作が …

ビートルズ愛が凝縮したイギリス映画『YESTERDAY イエスタデイ』(10月11日公開)

ビートルズ愛が凝縮したイギリス映画『YESTERDAY イエスタデイ』(10月11日公開)

『ボヘミアン・ラプソディ』や『ロケットマン』など英国のミュージシャンを描いた映画が相次いで製作されていますが、極めつけはこれかな!? 10月11日公開の『YESTERDAY イエスタデイ』。 名匠ダニ …

『アーティスト』~今だからこそ、サイレントのメロドラマ

『アーティスト』~今だからこそ、サイレントのメロドラマ

© La Petite Reine – Studio 37 – La Classe Américaine – JD Prod – …

映画館で映画を観る……、当たり前やん!

映画館で映画を観る……、当たり前やん!

映画配給会社のちいさな試写室で封切り前の映画ばかり観ているぼくが、エラそうなことは言えませんが、かつてはまぎれもなく「映画館主義者」でした。 「かつて」とは、新聞社で映画記者になる以前のことです。つま …

武士道の本髄に迫る~『柘榴坂の仇討』

武士道の本髄に迫る~『柘榴坂の仇討』

こういう役どころは中井貴一を置いて他にはいませんね。 阿部寛もなかなかシブイ演技を披露していました。 中村吉右衛門は余裕の演技でした。 広末涼子は……???   ☆     ☆     ☆  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。