武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大学 日記 映画

大学の元教え子とVesperマティーニで007談議~(^_-)-☆

投稿日:2014年4月27日 更新日:

大学(関西大学社会学部)の元教え子で、007にめちゃめちゃ詳しい者がいます。

 

2009年に卒業した岩田健志くん。

 

現在、JR西日本で運転士をしています。

 

自動車、列車、飛行機、船……と動くものが大好きで、学生時代は航空部に入り、グライダーを操っていました。

 

小学生の時に映画館で007を観て、スタイリッシュな魅力にはまったとか。

 

そんな彼と昨夜、ミナミのバーで、ジェームズ・ボンド愛飲のカクテル、Vesperマティーニを味わいながら、007談議に花を咲かせました。

 

ほんまによぉ~知ってる。

 

まいった、まいった~(#^.^#)

 

社会人として活躍する元教え子とさしでこんな話題で盛り上がるのも面白いです~!(^^)!

-大学, 日記, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三島祐一先生、ご冥福をお祈り申し上げます。

三島祐一先生、ご冥福をお祈り申し上げます。

先生と呼べるお方が、またおひとり、黄泉の客になられました。 三島祐一先生。   享年、87。 今日、告別式に参列させてもらいました。 日本近代文学の研究者で、谷崎潤一郎と堀辰雄をご専門にして …

何とも歪な純愛映画……『彼女がその名を知らない鳥たち』(日本映画)

何とも歪な純愛映画……『彼女がその名を知らない鳥たち』(日本映画)

登場人物が全てクセ者で、嫌悪感すら抱かせる。 そんな泥々とした物語の中で、ピュアな〈無償の愛〉を謳い上げた。 強烈なインパクトを与え、不思議な余韻を残す異色恋愛映画だ。 ⓒ2017映画「彼女がその名を …

圧巻、綾野剛の怪演~『日本で一番悪い奴ら』

圧巻、綾野剛の怪演~『日本で一番悪い奴ら』

北海道警察で実際にあった警察官による違法捜査事件をベースにした異色犯罪映画。 人間の悪意を直視した『凶悪』(2013年)で濃密な演出力を示した白石和彌監督が、実績重視の組織のなかで歪められていく正義感 …

教え子たちとの愉快な忘年会~♪(^^♪

教え子たちとの愉快な忘年会~♪(^^♪

スーパームーンが輝く昨夜、現在、大学で教えている受講生(関大社会学部JP13期生)との忘年会でした。 何と餃子パーティー~! みな若い。 食べる、食べる。 びっくりポンでした~👀 教え …

72回目の敗戦の日……。

72回目の敗戦の日……。

ソ連兵の顔が見えるソ満国境(中国東北部)で守備隊を務めてたんや。 向こうの兵士、まだ幼かった。 こっちも20代前半やったけど。 凍傷におびえながらその酷寒の地で2年ほど駐屯していたら、いきなり九州の宮 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。