武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ポルトガル紀行(2013年夏)

ポルトガル紀行(1)

投稿日:2013年8月11日 更新日:

熱帯並みの暑さですね~o(><)o

 

夏の高校野球、開催をずらす方がええかもしれません。

 

昔と気候が変わってきましたから。

 

さて、今日からポルトガル紀行をリポートします。

 

帰国後、9日目。

 

そろそろ書き始めないと、そのままスルーしちゃいますから。

 

日記風に綴っていきます。

 

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

7月21日、いよいよポルトガルへの旅の始まり。
ポルトガルへは14年ぶり3回目。
1度目は、新聞社を辞めて翌年の1996年、リスボン、コインブラ、ポルト、ファーロなど主な街をほぼ巡りました。
その時、たそがれた風土に惹かれ、以降、ポルトガルはぼくにとって非常に気になる国になりました。
2回目は、その3年後、シリーズ2作目『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』の取材で、スペイン北西部ガリシアを網羅してから、南部アダルシア&英国領ジブラルタルに向かう途中、ポルトガルを駈け足で縦断しました。
リスボンまでの直行便はありません。
今回は関西国際空港から初めてトルコ航空を利用しました。
イスタンブール経由でリスボン。
離陸が午後10時半。
ナイトフライトです。

 ヨーロッパに行くのにこんな夜半の便に乗るのは初めて。

 

トルコ航の機内サービスはなかなかいい。

 

But,機内食で、いきなり「お寿司か魚料理か、どちらになさいますか?」の選択には面食らいました。

 

どちらも有無を言わせず、フィッシュです(笑)。

 

「魚料理か、肉料理」、あるいは「日本食か洋食」というのならわかるのですが……。
イスタンブール空港で、リスボン行きの便まで約5時間半も待たされ、リスボン着が翌22日の午後2時前。
延々、17時間ほど機中にいたことになります~f(^_^;

 

 ポルトガルは遠し……。
リスボンはやはり爽やかでした。


気温が30度あるのに、湿気がほとんどないので、快適そのもの~(*^^*)
宿は、中心部に位置するケーブルカーの路線のすぐ横の安ホテル。
この日はフライトの疲れもあり、14年ぶりのリスボンの街を散歩するだけにしました。
見た目はあまり変わっていなかった。

 

いや、ケーブルカーの車体や建物の壁に落書きが目立っていました。

 

現役最高齢(104歳)のポルトガル人監督マノエル・ド・オリヴェイラの名作『階段通りの人々』(1994年)となった場所に落書きが……。

 

これは昨年、ユーロ危機でポルトガル経済が危うくなったとき、一部の失業者が鬱積を爆発させたものらしいです。

 

ほんま、見苦しいですねぇ。
夕食は大衆食堂で、バカリャウ(干しダラ)のフライと白ワイン。

 

今日はもう寝ます。

 

さぁ、明日から活動開始~(^-^)v

-ポルトガル紀行(2013年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポルトガル紀行(11)

ポルトガル紀行(11)

ポルトガル紀行(10) マデイラ島から2人の“偉人”が輩出しています。 ひとりは新大陸を発見したクリストファー・コロンブス。 この人、通説ではイタリア人になっていますが、本当のところよくわかっていない …

ポルトガル紀行(3)

ポルトガル紀行(3)

24日、今日も快晴。 夏場、ポルトガルは雨とは無縁です。 リスボンのセッテ・リオス・バスターミナルから長距離バスでベーシャへ向かいました。 リスボンの南東140キロにあるバイシャ・アレンテージョ地方の …

ポルトガル紀行(6)

ポルトガル紀行(6)

27日の朝、アルガルヴェ地方の中心地ファーロからバスで北西の町ローレイへ。 ここもイギリス人観光客が異常に目立ちました。 ざっと見たところ、外国人観光客=イギリス人、そんな感じです。 総じてポルトガル …

ポルトガル紀行(8)

ポルトガル紀行(8)

29日、朝のバスでラーゴスの北東にあるシルヴェスという町へ向かいました。 もちろん、「タルテシアンの石碑」を見るためです。 途中、最近、注目されているリゾート地ポルティマンで乗り換え。 旅ではよくバス …

ポルトガル紀行(7)

ポルトガル紀行(7)

28日は珍しく曇り空。 夜中に小雨が降ったらしい。 どことなく湿気が感じられます。 ポルトガルに来て、初めて鉄道を使いました。 ファーロから西方のラーゴス行きの普通列車。 いかにもローカル線丸出しのデ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。