武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

文化部記者時代の写真、第2弾~!

投稿日:2012年2月16日 更新日:

数日前、新聞社の文化部記者時代に撮影した芸能人の写真を一部、紹介しましたが、他のネガは思いのほか損傷しておりまして……。
適当に丸めてゼムピンで留めていたんです。
そのピンが錆び、肝心な部分(被写体が写っているところ)に付着しているのが多くありまして。
ミスター・チルドレンの桜井和寿さんとのツーショットのネガは修復不能でした。
惜しい!!
ネガケースに入れておけばよかった。
後の祭りです……o(><)o
とりあえず、きちんとプリントアウトできた3枚をアップします。
この谷村新司さん、今とは別人ですね(笑)
谷村新司
(1993年6月10日)
新しいアルバムのキャンペーンで大阪に来はったときです。
よぉ、しゃべる人でした。
甘い声は忘れられません。
役所広司さん、カッコいいですね。
役所広司
(1993年5月7日)
右横はショー・コスギさん。
覚えてはりますか?
タイトルは忘れましたが、アクション映画で2人が共演してました。
役所さんは照れ屋で、目が合うと、伏目がちにインタビューに答えてはりました。
今や日本映画界を担うベテラン俳優ですね。
市川崑監督は味がありました。
市川崑
(1994年10月7日)
4年前、92歳でお亡くなりになりましたね。
だから、この時は78歳。
とてもそんな年齢には見えないほど全身から映画愛がにじみ出ていました。
稀代のチェーンスモーカー。
片時もタバコを離さなかったです。
タバコをちゃんと口に“セット”できるよう、歯を1本抜いてはりました。
この時は、まだお肉を毎日、食べてはったと思います。
「今(1994年当時)、中国映画が元気ありますね。昭和30年代の日本映画と同じ道を歩んでいるんですな~」
この言葉が印象深かったです。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

劇団若獅子公演の観劇&20キロランニング

劇団若獅子公演の観劇&20キロランニング

新国劇と言って、ピンとくる人が少なくなりましたね~。 伝統を重んじる歌舞伎(国劇)と新しい劇「新劇」の中間に位置する劇団名です。 島田正吾、辰巳柳太郎、緒形拳らが新国劇の有名な役者。 1987年に解散 …

アルパカにメンチを切られて……

アルパカにメンチを切られて……

この動物、知っていますか。 アルパカです。 南米で家畜として飼われています。ラクダの一種とか。 うちの近所の某専門学校で飼育されています。 「楓」という名。 茶色の毛でびっしり覆われているので、見るも …

さっちんの結婚式 おめでとうさん~♪♪

さっちんの結婚式 おめでとうさん~♪♪

14日は前夜のライブの余韻に浸りながら、京阪電車で京都へ向かいました。 2006年に関西大学を卒業した武部ゼミ3期生のさっちん(大谷幸恵)の結婚式に出席するためです。 彼女は芯の強い人です。 出版・編 …

プロ野球セ・パ同時開催(4月12日)、当然のこと~!

プロ野球セ・パ同時開催(4月12日)、当然のこと~!

日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神タイガース)の強い決意と世論が、セ・パ同時開幕へと導きました。 被災者感情と東日本の電力事情を考慮すると、当たり前の結果です。 セ・リーグの迷走ぶりとG球団の傲慢 …

未曾有の天災から1週間

未曾有の天災から1週間

東日本を襲った大地震と大津波、そして福島原発のトラブル、電力不足による計画停電、避難所への物資欠如……。 先週金曜に起きた天災は、私たちの想像をはるかに越える事態を生み出しており、日本社会の根底を揺る …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。