武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

摩訶不思議なアート映画~『ブリューゲルの動く絵』

投稿日:2012年2月3日 更新日:

今日、節分ですね。
知り合いの知り合いになる某女性占い師さんがこんなことを言うてはったそうです。
今夜の午後7時から15分間と8時から15分間、それぞれ静かな状態で座っていたら、今年、自分を支えてくれる神様が舞い降りてくるとか。
実践してみませんか。
何かジワーンと感じるみたいですよ。
それとは全く関係なく、この絵画(下)を学生時代に初めて観たとき、ぼくは何かジワーンと感じました。
ブリューゲル
ご存知ですか?
この作品の制作過程を描いた映画『ブリューゲルの動く絵』が公開されています。
いろんな意味で面白いです。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
ブリューゲル画像
(C) EUROSPACE + Broadmedia Studios Corporation ALL Rights Reserved.
牧歌的な情景の中でうごめく数百人の人物。
風車を頂に乗せた巨岩がにょきっとそびえ立つ。
16世紀、フランドル(ベルギーを中心とした地域)絵画の巨匠ブリューゲルの代表作『十字架を担うキリスト』に秘められたナゾを解き明かす。
それが単なるドラマ仕立てではない。
全てのシーンが絵画そのものと言ってもいいほど卓抜した映像美で構築されている。
静止画像ではない。
邦題のごとく、まさに絵が動くのである。
ポーランド人のレフ・マイェフスキ監督が最新のCG技術を駆使し、3年がかりで完成させた。
内容もさることながら、映像を見るだけでも十分、価値がある。
絵画と映画の融合。
にわかに人物の表情が変わり、その都度、ハッとさせられた。
名画に描かれた赤い軍服姿の兵士たちがことさら異様に映る。
宗教改革の最中で、新教徒を弾圧しているのだ。
このおぞましい情景を表現してほしいとブリューゲル(ルトガー・ハウワー)が友人ヨンゲリング(マイケル・ヨーク)から依頼され、絵筆を執った。
非寛容と暴力がはびこる世の中。
それをキリスト受難と復活の物語に重ね合わせる。
映画の語り手はブリューゲルと友人、そして聖母マリア(シャーロット・ランプリング)の3人。
風や木槌の音、登場人物の話し声が見事なアンサンブルとして覆いかぶさる。
キリストの時代と絵画制作の時代が交錯し、少しとまどうかもしれない。
それがしかし、画家と監督の意図だ。
自分のことしか目を向けず、無関心を貫く民衆。
現代にも通じる問題とあって、胸が痛くなった。
重要なものは見逃される。
そこがポイント。
絵画の主人公キリストが中央に配されているのに、一見、気づかない。
暗示めいたメッセージに感性と知性が程よくくすぐられた。
1時間36分
★★★
☆上映劇場=大阪・シネ・ヌーヴォ、第七藝術劇場、京都シネマ、神戸アートビレッジセンター
(日本経済新聞2012年2月3日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

不審死のナゾに迫る女医~異色サスペンス映画『午後8時の訪問者』

あの時、ああしておけばよかった……。 日々、後悔するのが世の常だが、そこに人の死が絡むとどうなるのか。 本作の主人公は自責の念と罪悪感にかられ、ストイックな行動に移す。 その姿を徹底的に追尾した異色サ …

『ウイスキー アンド シネマ』のトークライブ~(^^♪

『ウイスキー アンド シネマ』のトークライブ~(^^♪

昨夜は堺・中百舌鳥のバーWhisky Catで拙著『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)の発刊トークライブでした。   25年来、おつき合いのあるマスター大谷さんの計らいで実現しました。   おおきに、 …

報道の自由を高らかに謳う~米映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

報道の自由を高らかに謳う~米映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

ペンの力を侮るなかれ。 まさにこの文言を映像化した作品だった。 今年のアカデミー賞では無冠に終わったものの、実話を忠実に再現した骨太な社会派映画。 米国メディア界の現状を憂うスティーヴン・スピルバーグ …

22日(土)、ABCテレビ朝のワイド番組『おはよう朝日です』に出演します~(^_-)-☆

22日(土)、ABCテレビ朝のワイド番組『おはよう朝日です』に出演します~(^_-)-☆

ちょっとお知らせです。 22日(土)、朝日放送(ABC)テレビ朝のワイド番組『おはよう朝日です』に出演することになりました~😁 オススメのお正月映画の紹介です。 映画評論家ではないし、 …

異色のドキュメンタリー映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』

異色のドキュメンタリー映画『天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント』

世の中には(いい意味で)けったいな人がいてはりますね。 ハーマン・ヴァスケというドイツ人男性もその1人。 大学で創造性について研究し、広告会社に入ってクリエイティブ部門で働いているうち、「そもそも創造 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。