武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

温かく厳しく人を見据えた英国映画~『家族の庭』

投稿日:2011年11月29日 更新日:

心に染み入るイギリス映画が公開されています。
こういう作品を観ると、映画力ってすごいと実感。
オススメです。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
家族の庭
(C)2010 UNTITLED 09 LIMITED, UK FILM COUNCIL AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION
生きていくのはしんどいけれど、やはり素晴らしい。
この当たり前のことを実に丁寧に紡いだイギリス映画。
ある家庭を舞台にした群像ドラマだが、人間を見据える鋭い視線と俳優の演技の巧さに魅せられた。
監督は名匠マイク・リー。
地質学者のトム(ジム・ブロードベント)と心理カウンセラーのジェリー(ルース・シーン)は愛と信頼で強く結ばれた中年の夫婦。
あまりにも健全なので、眩く感じられるほど。
そんな2人に友人たちが折に触れ、会いに来る。
よほど居心地がいいのだろう。
そのやり取りが、四季を通して、ユーモラスに、かつペーソスを絡ませて綴られていく。
キーパーソンは妻の同僚メアリー(レスリー・マンヴィル)。
男運の悪い年増の独身女性で、やたら寂しさをまき散らす。
鬱屈した気持ちを酒とタバコで紛らわす脆さが何とも哀しい。
負のオーラを放つメアリーから愚痴や情緒不安をぶつけられる夫婦はたまったものではない
が、いつも彼女を優しく包み込む。
ゆとりの為せる業であろう。
夫婦以外の登場人物はみな孤独だ。
人を恋しがっている。
でも空回りして、よけいにもがき苦しむ。
メアリーが心を寄せる夫婦の息子に恋人ができたときの動揺ぶりといったら、目も当てられない。
緊張感あふれる場面が多い。
それは感情のすれ違いのせいだ。
リー監督は、クローズアップの多用によって“不協和音”を見事に映像に焼き付けた。
さらに即興とリハーサルを繰り返し、骨太なドラマを構築していく独特な演出が日常性をごく自然に浮揚させた。
人間の複雑さをこの映画は容赦なく見せつける。
そこに面白みが凝縮していた。
寂しさは真実を見抜く力。
哀しさは優しさを知る力。
ふとそんな箴言が脳裏に浮かんだ。
2時間10分
★★★★
〔関西〕 
11月26日(土) テアトル梅田にて公開
    
12月10日(土) シネ・リーブル神戸
           
以降、京都シネマにて公開
配給:ツイン
『家族の庭』公式サイト
(日本経済新聞2011年11月25日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんな時にこそ観てほしい〈大阪映画〉の4本~!

こんな時にこそ観てほしい〈大阪映画〉の4本~!

大阪を舞台にした、あるいは大阪人が主人公の〈大阪映画〉。 かつて拙著『ぜんぶ大阪の映画やねん』(平凡社、2000年)でそれらを網羅しましたが、「大阪映画サークル」の最新号で、2000年以降の映画の中か …

17日から全国公開~ドキュメンタリー映画『ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに』

17日から全国公開~ドキュメンタリー映画『ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに』

ずっと気になっていたドキュメンタリー映画『ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに』がいよいよ17日(土)から全国で公開されます。 サーロー節子さんは13歳の時、広島で被爆し、カナダのトロントを拠点に反 …

「映画」の撮影にチャレンジ~(^_-)-☆

「映画」の撮影にチャレンジ~(^_-)-☆

昨日は、寒くて天気が悪かったです。 そんな中、朝から大阪の某所で撮影に臨んでいました。 10分程度のプロモーション映像ですが、ぼくの初台本の映像化です。 可愛い娘さんとの「共演」で、ぼくは準主役かな~ …

読売新聞にドカーンと出ました!!

読売新聞にドカーンと出ました!!

ついに、ようやく、やっと古巣の読売新聞の夕刊に拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)の紹介記事が載りました!   カラーで、ドカーンと大きく~(^_-)-☆ 見開きの右側、「旬感瞬間」(チャラ …

カンヌ映画祭パルムドール受賞作~『万引き家族』

カンヌ映画祭パルムドール受賞作~『万引き家族』

家族のあり方を問う映画を次々と手がける是枝裕和監督。 最新作もその路線だが、意表を突く想定外の物語だった。 犯罪を介したワケあり家族……。 カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドール受賞作。 大都会の真ん中 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。