武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

追憶の映画ポスター展~野口久光シネマグラフィックス

投稿日:2011年7月17日 更新日:

DVC00017
『制服の処女』(1931年)、『にんじん』(32年)、『ミモザ館』(36年)、『民族の祭典』(38年)……。
映画史にさん然と輝く戦前の映画たち。
そして、『天井桟敷の人々』(45年)、『逢びき』(45年)、『ハムレット』(48年)、『オルフェ』(49年)、『禁じられた遊び』(52年)、『フレンチ・カンカン』(55年)、『野ばら』(57年)、『大人は判ってくれない』(59年)……。
戦後の忘れ得ぬ映画たち。
DVC00019
それらの名作を、画家・グラフィック・デザイナーの野口久光さん(1909~94年)がノスタルジックな筆致で描いた映画ポスターの数々が、兵庫県西宮市の大谷記念美術館で展示されています。
味のある世界に、暑さを忘れ、堪能しました。
今月末まで。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画にまつわる秘話とエピソードがどっさり

映画にまつわる秘話とエピソードがどっさり

過日、元大映京都撮影所長の故鈴木晰也さんが残した『シベリアメモ』のことをフェイスブックで投稿したら、某在阪放送局のSさんが興味を持ち、京都・御室の鈴木さん宅を訪れ、奥様といろいろお話をしてきたそうです …

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

 『奇跡の人』   この題名を聞くと、年配者ならヘレン・ケラーとサリヴァン先生の話を思い浮かべるでしょう。   よく似たことがフランスでもあったんですねぇ。   ☆    …

阪本順治監督、入魂の一作~『半世界』(15日から公開)

阪本順治監督、入魂の一作~『半世界』(15日から公開)

40歳にして迷わず。 「不惑」を目前にした3人の男がこれからどんな人生を折り返すのか。 幅広いテーマを題材にしてきた阪本順治監督の最新作は、地方の小さな町を舞台にした珠玉の人間ドラマである。 ©201 …

『冒険者たち』~夢とロマン、そして青春へのオマージュ

『冒険者たち』~夢とロマン、そして青春へのオマージュ

好きな映画は山ほどあります。 でも、心が乾いてきたとき、無性に観たくなるのがこの作品です。 世界に誇れるフランス映画~!! こんなエッセーを書きました。      ☆     ☆     ☆      …

格差社会の怖さ……、『東京難民』

格差社会の怖さ……、『東京難民』

©2014『東京難民』製作委員会 非常に厳しい映画です。 だからこそ、観ておく方がいいと思います。 ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 「もう俺は終わっている」 河原で倒れ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。