武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

“運命”に逆らう男の奮闘劇~『アジャストメント』

投稿日:2011年6月2日 更新日:

このアメリカ映画、意外と面白かったです。
アジャストメント
   © 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
人間の意志ではどうにも抗えない運命を、ある組織が操作している。
人類の悠久の歴史も全てシナリオ通り。
この発想が面白い。
仕組まれた世界に敢然と立ち向かう男に、旬の俳優マット・デイモンを起用した娯楽SF映画。
気鋭の政治家デヴィッド(デイモン)がバレエダンサーのエリース(エイミー・ブラント)と激しい恋に落ちた瞬間、ドラマが始まる。
2人が出会った場所が何と男子トイレの中。
まさに運命的だ!
完全に恋愛映画の流れだが、ここから物語に不穏な空気が張り出す。
デヴィッドを執拗に監視する集団がいるのだ。
題名にもつけられたアジャストメント・ビューロー(運命調整局)のエージェントたち。
ソフト帽にロングのコートといういでたち。
アル・カポネが暗躍した1920年代を彷彿させる。
市民や警察官などを装い、社会に紛れ込む仲間もいる。
非常に官僚的な組織で、みな無表情。
どこまでも謎めいている。
この手の作品には欠かせない要素だ。
その調査局が管理しているのが「運命の書」。
あらゆる人間の人生を決めた設計図である。
スラム出身のデヴィッドが政界で活躍するのは予め定められていたことだが、エリースとの恋愛は想定外だった。
路線修正しようと躍起になる調査局に対し、自分の人生を自らの手で切り開こうとするデヴィッド。
その攻防をサスペンス・タッチで見せる。
単身、巨大組織に対峙する姿は、デイモン主演の「ジェイソン・ボーン」シリーズの主人公とそっくり。
ジョージ・ノルフィ監督は多分にそのことを意識している。
愛する2人が時空を越えてニューヨークの街を疾駆するシーンは実にスリリング。
純然たる恋愛映画と見る方がわかりやすいかもしれない。
1時間46分。
★★★
☆TOHOシネマズ梅田他全国ロードショー中

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本初の映画上映地はなんばだった! 南海電鉄の情報紙に大きく掲載されました~(^.^)/~~~

日本初の映画上映地はなんばだった! 南海電鉄の情報紙に大きく掲載されました~(^.^)/~~~

南海電鉄の情報紙『NATTS(ナッツ)』4月号にドカーンと出ました! カラーでこんなに大きく写真が載ったのは初めて。 121年前の明治29年(1896)12月、大阪・難波の福岡鉄工所で、心斎橋の舶来品 …

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴのミステリー『複製された男』が映画化され、18日から全国で公開されます。   自分と同じ人物と出会った男の数奇な物語(???)。   …

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー『映画の街、なんば』、日経新聞の告知記事、自分で書きました~(^_-)-☆

きのうの日経新聞夕刊、「関西タイムライン」欄にぼくの寄稿が載りました。 映画の発祥地についてずっと訴えていることですが、見出しの横に「武部好伸氏寄稿」とドカーンと銘打たれるとはびっくりポンでした~(^ …

稀代の結婚詐欺師、『クヒオ大佐』~

稀代の結婚詐欺師、『クヒオ大佐』~

今、公開中の日本映画『クヒオ大佐』はちょっと拾いモノでした。映画エッセーをどうぞ。  *     *     *     *     *     * 人を騙すのは良くないことだが、詐欺師がいかにして善 …

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

あっと言う間にクリスマスが過ぎ、今年もあと4日でおしまいですね。 あわただしい年の瀬に、こんな映画はいかがですか。ほんとうに心が和みますよ。そのシネマ・エッセーです。 *      *      *  …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。