武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

あの未解決の劇場型事件を題材にした映画『罪の声』(30日公開)

投稿日:

食品会社をターゲットにし、日本国中を震撼させた劇場型犯罪。

あの未解決事件から35年が経ちました。

当時、子どもだった脅迫テープの声の主と事件を再検証する新聞記者が「闇」の真相に迫っていく……。

そのプロセスをスリリングに描いた映画が30日公開の『罪の声』です。

星野源の京都弁は厳しいけれど(笑)、なかなか好演してはります。

小栗旬扮する記者は雰囲気がよく出ており、行動(取材)パターンもリアルです。

一体、犯人グループは何者??

モデルとなった事件を特定しないようにと映画会社からお達しが出ていますが、絶対、わかりますよね(笑)

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、この映画についてあれこれと書いています。

ネタバレなしです!

http://cineref.com/review/2020/10/post-1062.html

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カミュの原風景を“スケッチ”した『最初の人間』

カミュの原風景を“スケッチ”した『最初の人間』

日経新聞に書いている映画原稿(エッセー?)の今年最後の分が本日夕刊に載りました。   えらいシブ目の作品です(^o^)v       ☆     ☆     ☆     ☆     …

おおさかシネマフェスティバル2013

おおさかシネマフェスティバル2013

春の訪れを知らせる『おおさかシネマフェスティバル2013~映画ファンのための映画まつり』が今日、大阪・法円坂の大阪歴史博物館で開催されました。   1975年からなので、今年で38回目。 & …

天国に逝かれたイラストレーターの安西水丸さんが拙著のレビューを書いてくれはりました

天国に逝かれたイラストレーターの安西水丸さんが拙著のレビューを書いてくれはりました

先月19日、71歳で死去されたイラストレーターの安西水丸さんがキネマ旬報(4月下旬号)の書評欄で、拙著『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)のレビューを書いてくれてはりました。 村上春樹さんのエッセーに …

一種、奇抜なアウトロー映画~『MR.LONG/ミスター・ロン』

一種、奇抜なアウトロー映画~『MR.LONG/ミスター・ロン』

殺し屋が出てくる映画は多々あれど、本作のように異国の地で疑似家族を作るケースは珍しい。 しかも逃亡劇。 想定外のシチュエーションと奇抜な登場人物が独特なアウトロー映画を生み出した。 Ⓒ2017 LiV …

ときめきシネマ・ワールド(NHK文化センター神戸教室)~!

ときめきシネマ・ワールド(NHK文化センター神戸教室)~!

明日から10月、秋ですね~。   秋といえば、文化・芸術のシーズン。   映画の世界に浸るのに最適です。   その流れで(笑)、NHK文化センター神戸教室の定時講座『とき …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。