武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

あの未解決の劇場型事件を題材にした映画『罪の声』(30日公開)

投稿日:

食品会社をターゲットにし、日本国中を震撼させた劇場型犯罪。

あの未解決事件から35年が経ちました。

当時、子どもだった脅迫テープの声の主と事件を再検証する新聞記者が「闇」の真相に迫っていく……。

そのプロセスをスリリングに描いた映画が30日公開の『罪の声』です。

星野源の京都弁は厳しいけれど(笑)、なかなか好演してはります。

小栗旬扮する記者は雰囲気がよく出ており、行動(取材)パターンもリアルです。

一体、犯人グループは何者??

モデルとなった事件を特定しないようにと映画会社からお達しが出ていますが、絶対、わかりますよね(笑)

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、この映画についてあれこれと書いています。

ネタバレなしです!

http://cineref.com/review/2020/10/post-1062.html

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明日、ABC朝日放送のラジオ番組に出ます~♪

明日、ABC朝日放送のラジオ番組に出ます~♪

明日、ABC朝日放送のラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』にゲスト出演します。   映画談議です。   前回、ABCの『茂山童司のおとぎの暇』 で、茂山さんがあきれ返る …

あゝ、愛おしい不器用な脇役俳優~『俳優 亀岡拓次』

あゝ、愛おしい不器用な脇役俳優~『俳優 亀岡拓次』

(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会 しがない脇役俳優を主役が演じる。   この設定だけで興味がそそられる。   不器用な男の恋の顛末。   ツボを押さえた演出が心 …

マレーシア人監督が撮った大阪映画~『新世界の夜明け』

マレーシア人監督が撮った大阪映画~『新世界の夜明け』

大阪のシンボル通天閣がそびえる新世界。 そこを舞台にした映画を、今朝、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで観ました。 『新世界の夜明け』 地名がそのままタイトルになっています。 中国・北京で暮らす金持ちの娘が …

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

弁護士の坂和章平さんの新刊『“法廷モノ”名作映画から学ぶ生きた法律と裁判』

映画配給会社の試写室にはいろんな人が来はります。 新聞社の映画担当記者、浜村淳さんに象徴されるタレント、放送、雑誌、ネット系の映画担当者、映画ライター、その他映画業界の関係者……。 そんな中で異色な人 …

ジャジャジャジャーン、独断と偏見に基づく今年の映画ベスト10、発表~(^O^)/

ジャジャジャジャーン、独断と偏見に基づく今年の映画ベスト10、発表~(^O^)/

今年も余すところ、あと2週間となりました。 今日現在で、今年観た映画は235本です。 日本映画が100本、外国映画が135本。 この調子だと、例年並みに240本ほどになりそうです。 ベスト10作品の選 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。