武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

あの未解決の劇場型事件を題材にした映画『罪の声』(30日公開)

投稿日:

食品会社をターゲットにし、日本国中を震撼させた劇場型犯罪。

あの未解決事件から35年が経ちました。

当時、子どもだった脅迫テープの声の主と事件を再検証する新聞記者が「闇」の真相に迫っていく……。

そのプロセスをスリリングに描いた映画が30日公開の『罪の声』です。

星野源の京都弁は厳しいけれど(笑)、なかなか好演してはります。

小栗旬扮する記者は雰囲気がよく出ており、行動(取材)パターンもリアルです。

一体、犯人グループは何者??

モデルとなった事件を特定しないようにと映画会社からお達しが出ていますが、絶対、わかりますよね(笑)

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で、この映画についてあれこれと書いています。

ネタバレなしです!

http://cineref.com/review/2020/10/post-1062.html

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カリスマ男を会話劇で丸裸に~『スティーブ・ジョブズ』

カリスマ男を会話劇で丸裸に~『スティーブ・ジョブズ』

5年前、56歳で世を去ったIT業界のカリスマ的人物を対話劇という斬新な切り口で捉えた。   関係者や家族と本音をぶつけ合う緊迫した場面に目が釘付けになる。   ダニー・ボイル監督の …

スコッチウイスキー+人生讃歌~『天使の分け前』

スコッチウイスキー+人生讃歌~『天使の分け前』

© Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve, Facebookですでに投稿しましたが、ブログでも同じ文面 …

大阪日仏協会の友好昼食+講演会で楽しく講演してきました~(^_-)-☆

大阪日仏協会の友好昼食+講演会で楽しく講演してきました~(^_-)-☆

今年は日本で映画興行が始まって120周年。 そこにメスを入れた『大阪「映画」事始め』(彩流社)を昨秋に上梓したことで、本日、大阪・中之島のリーガロイヤル・ホテルで催された大阪日仏協会のデジュネ・ダミ( …

懐徳堂秋季講座~『大阪映画事始め』11月24日~26日

懐徳堂秋季講座~『大阪映画事始め』11月24日~26日

江戸時代、大坂の庶民の学問所だった懐徳堂は、ぼくの母校、大阪大学文学部のルーツといわれています。 その懐徳堂記念会が春と秋に特別講座を開いています。 今秋のテーマは『大阪の映画、映画のなかの映画』。 …

ロバート・レッドフォードの引退作『さらば愛しきアウトロー』

ロバート・レッドフォードの引退作『さらば愛しきアウトロー』

ロバート・レッドフォード。 『明日に向って撃て』、『スティング』、『大統領の陰謀』、『華麗なるギャツビー』……。 ハリウッドで大きな足跡を残したイケメン俳優です。 一方で、監督として『普通の人々』や『 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。