武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

食卓を一緒に囲むということ~中国映画『再会の食卓』

投稿日:2011年2月25日 更新日:

きょう、叔母の告別式がありました。
享年86。
ほんとうに久しぶりに親戚と顔を合わせました。
いとこたちと会った瞬間、40数年前の幼少時代にタイムスリップし、今やおっちゃん、おばちゃんになっているのに、「○○坊」「△△ちゃん」と呼び合っていました。
ぼくは「ヨシノブちゃん」です(そのままや!!)。
お骨上げまでの間、みんなで食事を取りました。
話が弾みますね。
一緒に食卓を囲むって、やっぱりええもんやな~と改めて実感しました。
あすから公開される中国映画『再会の食卓』は、タイトル通り、食事のシーンがキーポイントです。
きょうの日本経済新聞夕刊文化面に、この映画についてのエッセーを書きました。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
再会の食卓
東西ドイツ、南北朝鮮……。
国家分断は計り知れない悲劇を生む。
中国の国共内戦(1946~49年)によって離れ離れになった元夫婦の再会の物語だが、お涙頂戴ものに終わらせず、「食」を斬り口にして家族のあり方を問いかける。
内戦で混乱の極みにあった上海で、国民党兵士の夫イェンション(リン・フォン)は妻ユィアー(リサ・ルー)を残したまま台湾へ逃れた。
引き裂かれた新婚の2人。
あれから40余年、中台交流事業で夫が上海に彼女を訪ねてきた。
しかし「招かれざる客」だった。
ユィアーは新しい夫シャンミン(シュー・ツァイゲン)と子供、孫たちと幸せに暮らしていたからだ。
それを承知で、元夫は元妻を台湾へ連れて帰ろうとする。
彼女も同意している。
愛の深さは認めるけれど、これは略奪ではないか。
きっと壮絶な三角関係に発展すると思いきや、意外や意外、いたって穏やかにドラマが展開する。
何と豪勢な上海料理で一家は客人をもてなすのである。
今の夫は面子丸つぶれ。普通なら激怒するはず。なのに温顔を絶やさず、礼節を尽くそうとする。
あまりの人の善さと寛容さにあ然とさせられる。
当事者の3人が3様、感情を直接ぶつけず、それぞれの気持ちを尊重し合う。
大人とはかくあらねばと教えられた。
非常にシリアスな内容だが、事あるごとに映し出される食卓のシーンが刺々しさを和らげる。
カメラは据え置き。
ゆっくりと被写体に近づき、ゆっくりと遠ざかる。
その静謐な映像に、時間を共有して食卓を囲むことの意味をワン・チュエンアン監督が重ね合わせていく。
食事の場面は彩りも鮮やかで、どれも見させる。
立場は違えども、厳しい時代を乗り越えてきた同志的な絆も感じさせる。
それが後味の良さにつながった。
1時間36分
★★★
☆26日~大阪・梅田ガーデンシネマで公開
(日本経済新聞2011年2月25日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

河瀬直美監督の新作『2つ目の窓』

河瀬直美監督の新作『2つ目の窓』

カンヌ映画祭の“常連”である彼女をあまり快く思っていない人が少なくない。   自己主張が強すぎるからな。   ぼくの周りにも数人いてます。   さて、この新作はいかに? …

オスカーを受賞したイラン映画~『別離』

オスカーを受賞したイラン映画~『別離』

きょうから、見ごたえのある映画が公開されます。 『別離』というイラン映画。 グイグイ引き込まれていきますよ。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆      ©200 …

不良ジジイと優等生少年との友情~米映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

不良ジジイと優等生少年との友情~米映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.   老人と子供。   年齢差や価値観の違いなどがドラマを生み、絵にもなるので、映 …

今朝のテレビ出演、楽しかったです~(^_-)-☆

今朝のテレビ出演、楽しかったです~(^_-)-☆

今朝のABCテレビ朝の情報番組『おはよう朝日土曜日です』へのゲスト出演。 亡くなられた大林宣彦監督へのコメント出演は急きょ、依頼されました。 本チャンの「元気になる名作映画」特集は、勝手に口からどんど …

新刊『ウイスキー アンド シネマ』、ドカーンと紹介されました!!

新刊『ウイスキー アンド シネマ』、ドカーンと紹介されました!!

ウイスキーの専門誌『Whisky World』の2月号に、新刊『ウイスキー アンド シネマ』(淡交社)の紹介記事が大きく載っています!!     この雑誌に連載していたのを出版化し …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。