武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(2)

投稿日:2011年1月27日 更新日:

【10年後に読み返したい本】
『坂の上の雲』 司馬遼太郎
*文春文庫(1)~(8)1999年
本(3)
「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている」
魅惑的なフレーズで始まる著者の代表的な長編歴史小説。
近代日本の勃興期、いかに西洋と対峙すべきか、そのことに心血を注いだ明治人たちの熱き息吹を圧倒的な取材力で再現した。
前半は青春譚だが、後半は日露戦争の戦記。
騎兵を育てた秋山好古の無類の酒好きの様が妙にほほ笑ましい。
銃砲弾の飛び交う戦場で、平然と酒をあおる姿に、全くブレのない武士道精神を感じさせ、それが全編に通底している。
自信を失いかけている現代日本人に問う意味は大きい。
10年後、どんな想いで再読していることやら。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』 こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。 昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めな …

田辺聖子さん、天国へ召されました

田辺聖子さん、天国へ召されました

大阪の作家、田辺聖子さんが6日に亡くなりはりました。 享年、91。 女性、それも大阪女の心の襞を描かせれば、この人の右に出る作家はいないでしょうね。 女性の心理を知る上でどれだけ彼女の作品が参考になっ …

書評が大きく載りました(産経新聞)~(^_-)-☆

書評が大きく載りました(産経新聞)~(^_-)-☆

「産経新聞に載ってましたね」 昨日のちょかBandビッグライブの会場やSNSで複数の人から教えられ、その紙面を見ると、拙著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)の書評が読書 …

新刊『ウイスキー アンド シネマ』、ドカーンと紹介されました!!

新刊『ウイスキー アンド シネマ』、ドカーンと紹介されました!!

ウイスキーの専門誌『Whisky World』の2月号に、新刊『ウイスキー アンド シネマ』(淡交社)の紹介記事が大きく載っています!!     この雑誌に連載していたのを出版化し …

天国に逝かれたイラストレーターの安西水丸さんが拙著のレビューを書いてくれはりました

天国に逝かれたイラストレーターの安西水丸さんが拙著のレビューを書いてくれはりました

先月19日、71歳で死去されたイラストレーターの安西水丸さんがキネマ旬報(4月下旬号)の書評欄で、拙著『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)のレビューを書いてくれてはりました。 村上春樹さんのエッセーに …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。