武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

『スコットランド「ケルト」紀行~ヘブリディーズ諸島を歩く』の改訂版

投稿日:2010年10月15日 更新日:

改訂版
10年前に上梓したシリーズ第1弾『スコットランド「ケルト」紀行~ヘブリディーズ諸島を歩く』(彩流社)の改訂版ができ、その見本が先ほど届きました。
カバー表紙の写真は同じですが、「改訂版」と明記してあります。
本文もほとんど変わっていません。
何しろヘブリディーズ諸島は僻地なので、変わりようがないです(笑)。
最後に増補原稿(旅のアドバイスを含む)と歴史年表を加えてあります。
この拙著、2001年に増刷されたので、今回が3刷目になります~!!
ドカーンと世間をあっと言わせるベストセラーではありませんが、じわじわと読者が広がっている、そんな本です。
1冊が2500円(+税)もするのに……。
だからよけいにうれしいです~o(^-^)o
今月末に本屋さんに並ぶそうです。
来月は、シリーズ第4弾『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』の改訂版がでます。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『大阪春秋』の最新号に拙稿が載っています!

『大阪春秋』の最新号に拙稿が載っています!

季刊郷土誌『大阪春秋』の第180号が届きました! 今号の特集は『メディアと上方の芸能』。 ぼくは『映画と上方の芸能・演芸~切っても切れない間柄』と題し、映画黎明期から今日までの両者の〈密な絆〉について …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(6)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(6)

【あの頃の気持ちを懐かしむ本】 『真実のビートルズ・サウンド』 川瀬泰雄 *学研新書 2008年 ビートルズに関する本が出ると、もうダメだ。 すぐに手が出てしまう。 ぼくはビートルズ世代の少しあとだが …

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞(2014年3月23日付朝刊)のこの書評、なかなか酔狂で、気に入っています。   今ごろになって、ポツリポツリとメディアで紹介されています。   ハヤカワミステリーマガジン …

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴのミステリー『複製された男』が映画化され、18日から全国で公開されます。   自分と同じ人物と出会った男の数奇な物語(???)。   …

貴重な記録『我が家に来た脱走兵~一九六八年のある日から~』

貴重な記録『我が家に来た脱走兵~一九六八年のある日から~』

試写室で時折り、お目にかかる小山帥人(おさひと)さんのご著書『我が家に来た脱走兵~一九六八年のある日から~』(東方出版)を読み終えて……。 半世紀前、ベトナム戦争の戦場から脱走した19歳の米兵キャルを …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。