武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

つれづれなるままに

投稿日:2011年1月16日 更新日:

さぶいです。
今年一番の寒気らしいですね。
昨日は「船場大阪を語る会」と大阪府主催の講演会で、『大阪と映画~銀幕に映し出された人と街』と題して、2時間半ほど喋りまくりました。
ご高齢の方が思いのほか多く来られていて、ちとびっくりしましたが、皆さん熱心に耳を傾けてくださり、本当に気持ちよく講演できました。
懇親会に参加された人たちの平均年齢が、何と80歳~!!
とてもそんな年には見えませんでした。
気持ちがお若く、好奇心旺盛の方ばかりでしたから。
船場大阪
↑ ↑ 懇親会で参加者の男性とツーショット!(後日、写真を送ってくれはりました)
「武部先生は、だれも手をつけなかった大阪の映画文化をきちんと整理されておられ、感服しました」
「今までいろんな講演を聴いてきましたが、これほど深くて濃い内容はなかったです」
「今度はケルト文化について話してください」
ぼくの親と同世代の人生の大先輩から、「先生」と呼ばれ、お褒めの言葉をいただき、もう恐縮しまくりました。
そして心底、ありがたく思いました。
懇親会のあと、古巣・読売新聞の元上司と一献を傾け、それから四天王寺にあるCeltic Bar「GALWAY」に足を伸ばしました。
昨年11月のオープン以来です。
講演で喋り疲れたはずなのに、そんなこと関係なく、マスターの藤田さんとアシスタントの女性相手にベラベラと……(*_*)
気がつけば、心身ともにほっこりとし、いい按配で帰宅しました。
そんなわけで昨日は、素敵な日となりました。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年を振り返って~(^_-)-☆

2020年を振り返って~(^_-)-☆

泣いても笑うても大晦日。 新型コロナウイルスに振り回された2020年の終幕が目前に迫ってきました。 昼前に近くの靭公園まで軽くジョッギングして、「走り納め」。 「イェーツ!」と絶叫したら、そばにいた幼 …

56回目の誕生日~ぼちぼちやりますわ

56回目の誕生日~ぼちぼちやりますわ

6月27日。ぼくの誕生日です。 1954年(昭和29年)生まれですから、きょうで56歳。 わ~っ、信じられへん!! まだまだ30代のつもりなのに……(笑)。 ちょっとは落ち着かなあかんと思うています。 …

慢性副鼻腔炎の日帰り手術リポート

慢性副鼻腔炎の日帰り手術リポート

昨日の午後零時半、サンダル履きで近くの耳鼻咽喉科医院へ。 手術着に着替え、ベッドに横になるや、顔に覆いをかぶせられました。 てっきり術中の様子をテレビカメラで観られると思っていたので、ガックリ。 ドク …

豊中・服部のショットバー・リーの名物女性バーテンダーが引退!!!

豊中・服部のショットバー・リーの名物女性バーテンダーが引退!!!

大阪市内のど真ん中で暮らしていると、北摂はほんまにご縁がありません。 同じ大阪府内にありながら、別世界のようにも映ります。 そんな北摂でキラリと存在感を放つバーがあります。 豊中・服部にあるショットバ …

生涯現役の重み~故杉山平一さんのお通夜に参列して

生涯現役の重み~故杉山平一さんのお通夜に参列して

今夕、詩人で映画評論家の故杉山平一さんのお通夜に参列してきました。 明日の告別式は、必見試写があるので行けないから。 会場は阪急西宮北口駅のすぐ近くでした。 文学と学界関係者が多く、ぼくの知人はほんの …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。