武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

鈴木晰也さん、安らかに~

投稿日:2011年1月18日 更新日:

鈴木さん(1)
『青嵐』
「青葉を吹きわたる風」を意味するこんな題字の可愛い御本が届きました。
日本を代表する映画プロデューサーで、大映京都撮影所の所長をされておられた鈴木晰也(あきなり)さんの追悼・遺稿集です。
鈴木さんは昨年1月26日、脳梗塞でお亡くなりになられました。
享年92。
追悼・遺稿集は奥様から送られてきました。
ぼくは、読売文化部で映画記者をしていたときと新聞社を辞めてからの2度、京都・御室のご自宅に鈴木さんを訪ね、取材させてもらいました。
本当に映画の生き字引みたいな方で、ぼくの知らない日本映画界の細部にわたってよどみなく話されておられました。
とてもダンディーなお人でした。
下の写真の右にいる女優は藤村志保さんです。
鈴木さん(2)
ハリウッドの大スター、ジョン・ウェインが撮影所に訪れたときに一緒に撮った写真も追悼・遺稿集に載っていました。
鈴木さん(3)
今では、大映といってもピンとこない人が多くなりましたが、ぼくの幼かったころは『眠狂四郎』の市川雷蔵、『座頭市』の勝新太郎、『犬シリーズ』の田宮二郎らが銀幕狭しと大活躍していました。
鈴木さんは『夜の河』『炎上』『ぼんち』『破戒』『雁の寺』『大魔神』など大映の代表作に携わっておられました。
みな懐かしいです……。
「大阪の映画の本を出しはったんやね。類書はなかったはず。いい仕事をしはったね」
2度目の訪問時、鈴木さんから戴いたお言葉は一生、忘れません。
天国からのんびり映画を観続けてください。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』座談会

『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』座談会

昨日(12月1日)は「映画の日」でした。   『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』   こんなテーマで、夕方から天六(天神橋筋六丁目)にある映画文化の発信地、ブックカ …

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

こんなお爺さんがおれば、オモロイなぁ~(^^♪   クスッと笑ってしまう、そんな映画です。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆      …

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

 『奇跡の人』   この題名を聞くと、年配者ならヘレン・ケラーとサリヴァン先生の話を思い浮かべるでしょう。   よく似たことがフランスでもあったんですねぇ。   ☆    …

2016年、映画ベストテンの発表~!

2016年、映画ベストテンの発表~!

今年は新刊『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓すべく全精力を注いできたので、昼間、試写室に行く時間があまりありませんでした。 それでも1年間に227本の映画を観ることができました(12月23日現在) …

なぜ戦わないのか!? 生きることを問う『永遠の0』

なぜ戦わないのか!? 生きることを問う『永遠の0』

(C)2013「永遠の0」製作委員会 日本経済新聞「映画万華鏡」で今年、最後に取り上げた作品です。 原作者の思想性がクローズアップされ、何かと物議をかもしているようですが、作家は作家、小説は小説、映画 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。