武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

京都の南座で顔見世の歌舞伎を観て想ったこと

投稿日:2010年12月19日 更新日:

南座
京の師走の恒例行事、南座の顔見世を観てきました。
市川海老蔵があの事件で出演できなくなり、片岡仁左衛門が代役を努めた『阿国歌舞伎夢華』は、坂東玉三郎とのゴールデンカップルが復活し、誠に艶やかな舞台となりました。
歌舞伎は役者でナンボの世界です。
ぼくとしては、海老蔵+玉三郎よりもはるかに満喫できたと思うております。
南座(2)
かつて江戸時代の大衆演劇が今や高尚演劇と化し、法外な(?)入場料をとるようになったことには、猛烈に反発を覚えます。
しかし劇場で生で芝居を観ると、とてつもない熱量が舞台に注がれていることを肌身で感じられ、正直、感動してしまいます。
きょうもテンションが上がりました。
シェークスピアも昔は猥雑で下世話な庶民の演劇でしたが、今では英文学の王道に君臨しています。
時代と共に世間の見方が変わってくるのでしょうね。
そのつどそのつど新しい文化が生まれ、過去の庶民的な文化が徐々に権威づけられていくのかもしれません。
まぁ、おおらかに歌舞伎と接していこうっと!
こんなことを、大阪への帰りの京阪電車の中で考えていました。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

隆祥館書店「作家と読者の集い」200回突破記念パーティー~(^_-)-☆

隆祥館書店「作家と読者の集い」200回突破記念パーティー~(^_-)-☆

大阪市内の中心部、谷町六丁目にある町の本屋さん、隆祥館書店が8年前から1か月に2回のペースで「作家と読者の集い」を続けておられます。 このほど200回を突破したので、その記念パーティーが昨夜、中之島の …

陶芸に魅せられた西川光男さんの個展

陶芸に魅せられた西川光男さんの個展

左の男性、元産経新聞記者で、現在、陶芸家として地歩を固めておられる西川光男さんです。 35年ほど前、読売新聞京都支局でサツ回り(事件担当)をしていたころ、ライバル会社なのに、新米記者のぼくにいろいろア …

大好きな言葉

大好きな言葉

この文言、気に入ってます。   ぼくの机の上にいつも置いています。   危機管理をちゃんとせなあかんとか、そんなことを言うてるんやありません。   心に思ったら、行動に移 …

スマホを使い始めました~(^_-)-☆

スマホを使い始めました~(^_-)-☆

きょう、うちの近所のドコモショップへ行き、スマートフォンに買い換えました。 最近、スマホを使っている人が多いから、時流に遅れたらアカン~という気負いなんぞ、さらさらありません。 携帯電話の調子がいまひ …

今年も終幕です~(^_-)-☆

今年も終幕です~(^_-)-☆

2016年がもうすぐ終わります。   本当に早かったです。   この1年、どうやったんかな??   ジャンル分けで--。   【本業】   10月中旬 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。