武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

芥川龍之介の『侏儒の言葉』

投稿日:2010年9月19日 更新日:

阪神タイガースが大事な巨人戦に敗れ、悄然……。
気分を変えようと何気なく手に取ったのが1冊の文庫本。
芥川龍之介の『羅生門・鼻・侏儒の言葉』です。
芥川
35年前の大学生のころ、古本屋で買ったもの。
紙がボロボロになっていました。
その中の箴言集『侏儒の言葉』を久しぶりに読みました。
「侏儒(しゅじゅ)」とは、「小さい人」「見識のない人」のことで、筆者(芥川)が自分のことをへりくだって言ったものです。
これを芥川が書き始めたのは大正12年、32歳のときでした。
いろんな用語や想念を自分なりに断定的に定義づけていて、面白いですね。
芥川はかなり皮肉屋であり、高まりつつある軍国主義に対して痛烈に批判しているのがよくわかります。
へ~っ、そうかなと首を傾げたり、そやそやと頷いたり、ユニークな発想やな~と感心したり。
印象に残った言葉を以下に記します。
☆道徳は常に古着である。
☆良心とは厳粛なる趣味である。
☆良心は道徳を造るかもしれない。しかし道徳はいまだかつて、良心の良の字も造ったことはない。
☆正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。
☆天才とはわずかに我々と一歩を隔てたもののことである。ただこの一歩を理解するためには百里の半ばを九十九里とする超数学を知らねばならぬ。
☆天才の悲劇は「こじんまりした、居心のいい名声」を与えられることである。
☆忍従はロマンティックな卑屈である。
☆恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである。
☆文章の中にある言葉は辞書の中にある時よりも美しさを加えていなければならない。
☆最も困難な芸術は自由に人生を送ることである。もっとも、「自由に」という意味は必ずしも厚顔にという意味ではない。
☆我々はいったい何のために幼い子供を愛するのか? その理由の一半は少なくとも幼い子供にだけは欺かれる心配のないためである。
この辺りで止めておきます。
最後にこのフレーズを。阪神ファンのぼくには痛いほど胸に響きました。
☆人間的な、あまりにも人間的なものはたいていは確かに動物的である。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪・新地のバーUKでのトークショー『銀幕に映えるウイスキー』(12月22日)、早くも予約で満席~!!

大阪・新地のバーUKでのトークショー『銀幕に映えるウイスキー』(12月22日)、早くも予約で満席~!!

新著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)が11月初旬に刊行されますが、それにちなんだイベントがいくつも企画されています。 その中のひとつが、大阪・北新地のバーUKでのトー …

仕事初め、ランニング初め、ライブ(鑑賞)初め、飲み会初め~!

仕事初め、ランニング初め、ライブ(鑑賞)初め、飲み会初め~!

みかんうどんをお昼に食べました。 一体、何やて??  瀬戸内海に浮かぶ愛媛・松山の中島から送られてきた“特産品”です。 「大好き中島 瀬戸内の再会桜 元祖八生(やよい)ちゃんのみかんうどん」 袋にそう …

「頑張れ!」という言葉

「頑張れ!」という言葉

先日、地下鉄の車内で見かけた光景。 「もっと頑張りなさい。発表会が目の前に近づいているんだから。とにかく頑張って! 毎日、一生懸命、頑張って鍵盤を弾き続けていたら、うまくいくから。帰ってからも頑張りな …

今日からポルトガルです~♪

今日からポルトガルです~♪

今日、ポルトガルへ向かいます。   関西国際空港を午後10時30分に飛び立つトルコ航空でイスタンブール経由、リスボンへ。   ヨーロッパへ旅立つのに夜の便を利用するのは初めてです。 …

MORITA BAR、新たなるスタート~!

MORITA BAR、新たなるスタート~!

今日から4月、新年度の始まりです。   新入生&新入社員が期待と不安を胸に新たな一歩を踏み出します。   初々しいです。   それが眩く、また清々しく感じられますね。 & …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。