武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

バルト3国レポート~(4)

投稿日:2009年8月28日 更新日:

リトアニア、ラトヴィア、エストニア。バルト3国は街も自然も美しい。各国の首都はそれぞれ世界遺産に登録されています。しかし、「負の遺産」をいくつも抱えています。
それは大国にはさまれた小国の哀しい歴史そのものです。ロシア帝国→ドイツ帝国→つかの間の独立→ソ連→ナチス・ドイツ→ソ連→独立。19世紀末から1991年に完全独立を果たすまで、3国はおおむねこんな変遷を歩んできました。まさに大国に蹂躙された歴史です。
なかでもヒトラーのナチス・ドイツ時代(1941年~44年)とスターリン指揮下のソ連時代(44年~49年)が悲惨でした。
前者はホロコーストの犠牲になったおもにユダヤ系の人たちで、30万人以上が強制収容所に入れられたといわれています。
後者はスターリンの政策・社会主義に異を唱える人たち。家族もろともシベリアへ流刑され、想像を絶する厳しい暮らしを強要させられました。その実数がいまでもはっきりしていません。
下の写真は、リトアニアのカウナス近郊にある第9要塞博物館です。第2次大戦中、ドイツの強制収容所だったところ。ここで命を絶たれた5万人もの人たちの悲しみを表したモニュメントが、ズシーンと胸に迫ってきました。
占領博物館
占領博物館の敷地
ヴィリニュスのKGB(秘密諜報機関)本部があった建物も強烈でした。なかは博物館になっています。独房、拷問の部屋、懲罰の部屋、盗聴室……。なんとも陰鬱な空気が漂っています。外壁には犠牲になった市民の名前がびっしり刻まれています。
KGB博物館
KGB博物館の壁
見ているうちに気分が落ち込み、猛烈にブルーになってきました。でも知っておかねばならない事実です。ぼくはすべて目に焼き付けました。
ナチス・ドイツとソ連による人権をいっさい無視した非寛容な政策に、言い知れぬ憤りを覚えました。ナチス・ドイツとソ連はともに全体主義~! ロシアが反論していますが、本質は同じ。そのことを実感しました。
リトアニアだけでなく、ラトヴィア、エストニアにも同様の博物館があります。エストニア国立博物館(タルトゥ)で目にした文言が忘れられません。
「過去は錨のようなもの。それは嵐に遭ったとき、私たちを助けてくれます。しかしそれはまた、迅速な発展を阻害します」
だからこそ、「負の遺産」を絶対に風化させないという各国の気概が感じられました。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バルト3国レポート~(3)

バルト3国レポート~(3)

あまりの蒸し暑さに夏バテ状態になったり、ベルリンで開催中の世界陸上をTV観戦したり、異常に多い映画の試写をこなしていったり、依頼原稿の取材で京都へ出向いたり……。いろんな事情があって、まったくブログを …

今年の夏はポーランドに行きます

今年の夏はポーランドに行きます

今日は暑かった。 すでに夏の雰囲気でしたね。 夏と言えば、毎年、ヨーロッパへ旅立っていますが、今年は「ケルト」から離れ、ポーランドへ行く予定です。 スピルバーグの映画『シンドラーのリスト』を含め、第2 …

27日~8月9日、「ケルト」の取材でドイツを巡ってきます。

27日~8月9日、「ケルト」の取材でドイツを巡ってきます。

ライフワークの「ケルト」の取材、今年はドイツです。   明日(27日)~8月9日、南ドイツ・ミュンヘンを起点に南部と西部に点在するケルトの遺跡や関連スポットを巡ってきます。 ドイツといえば、 …

スペインひとり旅(10)

スペインひとり旅(10)

スペインに来て5日目にして、ようやくまともな夕食にありつけました~(^o^;) 何せ、これまでお酒の肴(タパスやピンチョスなど)だけでお腹がいっぱいになっていましたから~(笑) で、ログローニュからバ …

(10)南インド・タミルナードゥ州への旅~10日目(5月28日)最終日

(10)南インド・タミルナードゥ州への旅~10日目(5月28日)最終日

日本に帰る日です。 朝、ホテルをチェックアウトし、近くのエグモア駅から地下鉄で空港に向かいました。 日本の地下鉄の佇まいとほとんど同じ。 きれいなエスカレーターもあって。 でも、人がいません……。 通 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。