武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

「夢」と「目標」はちゃいまっせ~!

投稿日:2009年6月7日 更新日:

♪~You may say I’m a dreamer……
ジョン・レノンの『イマジン』ではないけれど、幼いころから、ぼくは「夢ばかり見てるなぁ」とよく家族や友達から言われていました。
パイロットや野球選手、電車の運転士、警察官……になりたい。そんな男の子に多い「夢」ではなく、もっと壮大なものを描いていました。
ぼくの「夢」は、たとえば、太平洋の真ん中にアメリカとおなじ広さの公園をつくる、北極と南極の氷を使って世界一でっかいカキ氷をつくるといったように、とてつもなくロマンあふれるもの。そういうものが「夢」だとずっと思っていました。
それに対し、精一杯、努力すれば叶えられるもの、言うなれば、“現実的”なものが「目標」だと考えていました。パイロットや野球選手……になりたいというのがそうです。ちなみに小学生のときのぼくの「目標」は、競馬の騎手になることでした。
大学卒業後、新聞記者の仕事にぼくが就けたのも、それが「夢」ではなく、ある意味、「目標」であったからです。だからぼくにとって「夢」と「目標」とでは意味合いが異なります。
しかし年齢を重ねるにつれ、現実を見る眼が養われ、「夢」と「目標」との距離が次第に縮まってくるものです。ぼくもそうでした。それでも「夢」は大きければ、大きいほどいいと思っています。
子どもにとっては、「夢」は想像力と豊かな発想の源になります。昨今、「目標」を「夢」にしている子どもが増えてきているのが残念でなりません。あまりにもスケールが小さい~! 両者をごっちゃにせんといてほしいな~。
成人になっても、大きな「夢」を抱くことは人生に張りを与えます。能天気なロマンチストと言われようが、堂々と「夢」を語り合いたいものです。
さて、今のぼくの「夢」ですが……。世界のすべての国、いや世界のどんな小さな町に行っても、そこの図書館に現地語に訳された自著がかならず1冊置いてあるというものです。なんだか聖書みたいですね(笑)。でもひょっとしたら、これは実現可能かもしれないので、「目標」にしようかな~?
どうしてこんなことを書いたのかと言うと、先日、大ヒットしている日本映画『ROOKIES卒業』を観て、監督の川藤幸一(佐藤隆太)が部員たちに向かって、「甲子園にいく夢を叶えよう~!」となんども叫んでいたからです。ぼくからすれば、それは単なる「目標」です。
「夢」とするならば、もっとドカーンと大きくいかなアカン。せめて「甲子園の決勝戦で、20対0の完全試合で優勝をめざそう~!」といった具合に(笑)

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

生國魂神社(いくたまさん)の夏祭りでフィーバー~(^O^)/ 2016.7.12

生國魂神社(いくたまさん)の夏祭りでフィーバー~(^O^)/ 2016.7.12

昨日(7月12日)、生國魂神社(いくたまさん)の夏祭り、本宮。 本社から大阪城までご神体を運ぶ御渡巡幸(おわたり)と、夜の祭りのハイライト、枕太鼓のお練りに参加しました。 「おわたり」では、狩衣に烏帽 …

50年前の長編大作『人間の條件』を観賞した主演、仲代逹矢さんの舞台挨拶~(^_-)-☆

50年前の長編大作『人間の條件』を観賞した主演、仲代逹矢さんの舞台挨拶~(^_-)-☆

今宵、梅田の映画館でのハリウッド映画完成披露試写会をキャンセルし、九条のミニシアター「シネ・ヌーヴォ」へ駆けつけました~💨🏃 同映画館で開催中の『生誕101年 小林正樹 …

展示会『柳原良平 アンクル船長の夢』

展示会『柳原良平 アンクル船長の夢』

トリスウイスキーをこよなく愛した鼻の尖がった二頭身のジェントルマン。   ご存知、「アンクルトリス」~!   そのイラストを手がけたデザイナー・画家、柳原良平さん(1931~201 …

小学校の同窓会~楽しかった!!

小学校の同窓会~楽しかった!!

昨日は母校、大阪市立南大江小学校の同窓会でした。 昨年に続いての開催なので、新鮮味には欠けましたが(笑)、前回、欠席した同窓生との再会がうれしかった~! 会場は大阪城を望めるKKRホテルの宴会場。 小 …

京都の南座で顔見世の歌舞伎を観て想ったこと

京都の南座で顔見世の歌舞伎を観て想ったこと

京の師走の恒例行事、南座の顔見世を観てきました。 市川海老蔵があの事件で出演できなくなり、片岡仁左衛門が代役を努めた『阿国歌舞伎夢華』は、坂東玉三郎とのゴールデンカップルが復活し、誠に艶やかな舞台とな …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。