武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

巨石から放たれる〈オーラ〉~!?

投稿日:2009年5月5日 更新日:

石の写真を4枚、並べます。
上から順に、ストーン・ヘンジ(英国・イングランド)、カラニッシュ(英国・スコットランド)、カロウモア(アイルランド)、カルナック(フランス・ブルターニュ)。
ストーンヘンジ
カラニッシュ
カロウモア
カルナック
いずれも世界的に知られた巨石文化の遺跡です。ストーン・ヘンジは、テレビや写真でご覧になった人が多いかもしれませんね。
このなかで、カルナックが一番、壮観でした。なにしろ2700個もの立石(スタンディング・ストーン)が3キロにわたって帯状にズラリと立ち並んでいるのですから~!
英国、アイルランド、ブルターニュなど西ヨーロッパには、巨石文化がいくつも残っています。新石器時代(一部、中石器時代)から青銅器時代にかけてつくられたもので、具体的には紀元前5000年ごろ~紀元前1000年。かなり大昔です。
こうした巨石には伝説や民話がつきもの。たとえばカルナックの列石群は、攻め入ってきたローマ軍の兵士が、ケルト人の神官ドゥルイドによって石に変えられたものだといわれています。
そして巨石の下には妖精が住んでいるというのです。そこは異界、つまりあの世でもあるのです。彼らは時おり、地上に姿を現し、人間にいたずらしたり、驚かせたりします。
そんな妖しい空気に包まれた巨石を手でふれると、なんとなくジーンと感じます。ほんのりと温かさが伝わってくることもありますよ。民話に描かれたように、もともとは人間だったのかなと思ったりもします。
こういう気を、〈オーラ〉って呼ぶのでしょうか。ぼくの場合、巨石に身を任せると、いたって元気になります。パワーをもらえるというか……。
う~ん、科学的には解明できないでしょうが、やはり古代の石にはなにかが宿っています。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

素晴らしき哉、焼津~! 

素晴らしき哉、焼津~! 

7月4日(日)、5日(月)と静岡県の焼津に出張していました。 当地にある小泉八雲記念館から、ケルトの講演を依頼されたからです。 明治の文豪、小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーン(1850~1904)と焼 …

アイルランド、てんこ盛り~!! 今月19日(土)、朝日カルチャーセンター芦屋教室で

アイルランド、てんこ盛り~!! 今月19日(土)、朝日カルチャーセンター芦屋教室で

再告知です。 昨年春、朝日カルチャーセンター中之島教室で2度も開催した特別講座『アイルランド物語-歴史、文化、風土を知る-』が非常に好評だったとのことで、今月19日(土)、芦屋教室でも開くことになりま …

今年の「ケルト」取材旅行はフランス南西部です~(^_-)-☆

今年の「ケルト」取材旅行はフランス南西部です~(^_-)-☆

「ケルト」がぼくを呼んでいる~!    この時期になるとソワソワしてきます。   毎年夏の恒例行事となっているヨーロッパ「ケルト」取材旅行。   今年は7月末から半月ほど …

(6)南インド・タミルナードゥ州への旅~6日目(5月24日)

(6)南インド・タミルナードゥ州への旅~6日目(5月24日)

最悪のプドゥチェリーのホテル。 朝、目覚めても、怒りが収まりませんでした。 まずは街中でチャイと朝食を取り、部屋へ戻って、即、リュックを背負ってフロントへ。 そこで白人青年がオーナーらしき男性に英語で …

映画の地を訪ねて(4)フィンランド・ヘルシンキ~『かもめ食堂』

映画の地を訪ねて(4)フィンランド・ヘルシンキ~『かもめ食堂』

透明感のある淡彩な街……。 エストニアの首都タリンから乗船した高速フェリーが、フィンランドの首都ヘルシンキに近づいたとき、船上からぼくが目にした街の印象は非常に爽やかなものだった。 北欧の夏の陽光がと …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。