武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪

シネマトグラフ in 大阪

投稿日:2009年1月21日 更新日:

090121cinemato
ぼくは映画が大好きです。というか、仕事にもしているくらいなので、切っても切れないほど大きな存在になっています。その映画がいつこの世に登場したのかご存知ですか?
1895年、フランス・リヨンで染色業を営んでいたルイとオーギュストのリュミエール兄弟によって発明されました。今年は映画誕生から114年目になります。世界で初めてスクリーンに映写するその「動く写真」は、シネマトグラフと呼ばれていました。
数年前、ぼくはリヨンを訪れ、リュミエールの染色工場跡に足を運びました。そこは映画博物館になっており、館内にシネマトグラフの装置が展示されていました。黒い立方体の箱にレンズがついているだけの非常にシンプルな機械ですが、撮影と映写の両方を兼ね備えた優れモノだったんです。
そのシネマトグラフが、2年後、日本に渡ってきました。リュミエールの工場で染色技術を学んでいた稲畑勝太郎さんが帰国時に持ち帰ってきたんです。稲畑さんは京都人ですが、大阪・船場の化学品専門商社、稲畑産業の創始者で、のちに大阪商工会議所の会頭にもなった実業家です。
京都で試写(プレミア上映?)を行ってから、大阪の南地演舞場(今でいう大衆ホールかな)でお金を取って一般公開しました。わが国における映画興行のはじまりです。
明治30年(1897年)2月15日から2週間。「空前絶後ノ珍機」という触れ込みで、汽車の到着シーンやパリの舞踏会風景、ロンドン・テムズ川の舟遊びなど10本ほど上映されました。1本が2?3分のごく短い記録映像ですが、これが大阪人の度肝を抜き、連日、押すな、押すなの大にぎわい。
難波・高島屋の前に東宝南街ビルが建っていますよね。シネコンのTOHOシネマズなんば、若者向けの衣類店マルイやブティックなどが入っているモダンな建物です。以前は南街会館という映画館でした。
そこに南地演舞場があったんです。大阪、それも難波が日本の映画興行の発祥地! 浪花っ子のぼくはそのことにとても誇りをもっているのですが、残念ながら、あまり知られていません。その事実を記すプレートが、1階エレベーターホールの奥の壁にはめ込まれているので、ぜひご覧ください。
映画黎明期に大阪と大阪人が果たした役割は他にもいろいろあります。じつは大阪は映画とめちゃめちゃ深い関わりがあるんですよ。そのことを少し知ってもらいたくて……。

-大阪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪ストーリー(5)「昭和」の大阪へタイム・スリップ

大阪ストーリー(5)「昭和」の大阪へタイム・スリップ

大阪ストーリー(5)「昭和」の大阪へタイム・スリップ(2018年11月) ☆亡き父親の写真たち 今回は身内話で申し訳ないのですが……。 13年前、85歳で黄泉の客となった父親は、ぼくの生家でもある大阪 …

昨夜、「TOHOシネマズなんば」でトークショー~(^_-)-☆

昨夜、「TOHOシネマズなんば」でトークショー~(^_-)-☆

昨夜は大阪・ミナミの「TOHOシネマズなんば」のSELECTルームでトークショーをしました。 戎橋筋商店街主催「春の体験博」映画特別上映会のプレ・イベントで、招待された方々を前にして、短い時間でしたが …

ジェットスタージャパン機内誌に大学の教え子の原稿がドカーンと載っています~(^_-)-☆

ジェットスタージャパン機内誌に大学の教え子の原稿がドカーンと載っています~(^_-)-☆

「ジェットスタージャパン機内誌の6~7月号に、関西大学の教え子たち(JP9期生=4年生)が取材、執筆した「オールスター大阪ウォーク」の熱い原稿が掲載されています~(^_-)-☆ 大阪に来た外国人観光客 …

京都の「おもちゃ映画ミュージアム」で講演します。12月4日(日)~(^_-)-☆

京都の「おもちゃ映画ミュージアム」で講演します。12月4日(日)~(^_-)-☆

びっくりポンです! 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)の関係でトークイベントが続いていますが、何と12月4日(日)、京都で講演することになりました~!! 演題は『映画の渡来、120年目の真相~日本の …

怒涛の数日間を振り返って

怒涛の数日間を振り返って

久しぶりのブログです。 芦屋BARの1周年記念ライブ(11月22日)のあと、なにかと慌しい日々を過ごしていました。 翌23日(土)は、ちょかBandの相方、疋田さんと天王寺の口縄坂で、ミュージック・ビ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。