武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ニャンコが人の心に安らぎを~日本映画『先生と迷い猫』

投稿日:

 

(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

(C)2015「先生と迷い猫」製作委員会

普段、目障りに思っているのに、いなくなると、無性に寂しさが募る。

 

人生ままあること。

 

猫を介してその心情を綴り、ほっこりとした人間ドラマに仕上げた。

 

9年ぶりに映画主演したイッセー尾形扮する老人は妻に先立たれ、独居暮らしをする元中学の校長。

 

偏屈で堅物、しかも気位が高い。

 

この人物に1匹の三毛猫が絡んでくる。

 

妻が生前にミイと名づけ、可愛がっていた野良猫。

 

毎朝、仏壇の前に鎮座しているのを見て、おじいさんは苛立ちを覚える。

 

しかしある日、ぷいと姿をくらますや、心にさざ波が生じる。

 

実はミイは他所で異なる名前をつけられ、多くの人から目をかけられていた。

 

年配の美容師(岸本加世子)、クリーニング店の娘(北乃きい)、いじめに遭っている女子中学生……。

 

それぞれ猫への接し方や距離感は違えども、みなどこに行ったのか気になって仕方がない。

 

その気持ちが1つに結実し、捜索作戦が始まる。

 

市役所の青年(染谷将太)も巻き込んだ展開が何ともほほ笑ましい。

 

昭和の匂いを漂わせるレトロな町の風情が物語にしっくり合う。

 

人物描写に定評のある深川栄洋監督はスケッチ風に心の襞に触れてくる演出を貫く。

 

テンポがやや遅いとはいえ、軽やかさが本作の真髄だと思う。

 

準主役の猫はNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で人気を博したドロップ。

 

全編、代役を使わず、NGなしの一発で演じ切ったというからすごい!

 

人間に媚びず、自由気ままに行動する野良猫に振り回される善良な人たち。

 

そこに出会いがあり、疑似家族的な繋がりが生まれる。

 

主人公がアクティブになるにつれ、角が取れてくるところも見どころだ。

 

乾いた心に注がれるトロリとした潤滑油。

 

猫はまさにそんな役どころだった。

 

光あふれる幻想的なラストに胸が熱くなった。

 

1時間47分

 

★★★★(見逃せない)

 

10/10(土)より、梅田ブルク7/なんばパークスシネマ/T・ジョイ京都/MOVIX京都/シネ・リーブル神戸/TOHOシネマズ西宮 OS、ほかで公開

 

(日本経済新聞2015年10月9日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「原爆の日」……、映画『さくら隊散る』

「原爆の日」……、映画『さくら隊散る』

きょうは67年目の「原爆の日」。   ヒロシマ・ナガサキの悲劇を描いた映画は多々ありますが、この作品も忘れがたいです。   以前、新聞『うずみ火』で掲載された拙稿をどうぞ。 &nb …

京都で「反論」講演会、盛り上がりました!

京都で「反論」講演会、盛り上がりました!

映画が日本で最初に上映されたのは京都ではなく、大阪だった~! 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)のトピックスに対する「反論」の講演会が昨日(28日)、京都・壬生のおもちゃ映画ミュージアムで開かれまし …

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

『映画・ウイスキー……エトセトラ in SCOTLAND』 昨日、こんな演題で日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会を務めさせていただきました。 おかげさまで、会場のとよなか国際交流セン …

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpo …

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

先日、大阪市立中央図書館で、『映画のはじまり、みな大阪』のテーマで講演したばかりですが、3月に一般社団法人(非営利型)大阪自由大学で『大阪の映画文化史』と題して3回にわたってお話しさせていただきます。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。