武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

おたやんのつぶやき 法善寺と富山、奇なる縒り糸

投稿日:

おたやんのつぶやき 法善寺と富山、奇なる縒り糸 おたやんのつぶやき 法善寺と富山、奇なる縒り糸

著者:東龍造
出版社:幻戯書房
発売日:2023/6/14
定価:1,800円+税

 

ペンネームの「東(ひがし)龍造」で編んだ小説の第2弾で、書名になった『おたやんのつぶやき 法善寺と富山、奇なる縒り糸』と『チンチン電車の風音』の中編2作、『ロック・フォートの夕照』の短編1作からなる作品集です。大阪を執筆テーマにしているので、前作同様、いずれも大阪に絡んだ物語になっています。

『おたやんのつぶやき~』は、織田作之助も愛した、かつて法善寺横丁のぜんざい屋に飾られていた大きなお多福人形と、ぼくの祖母をモデルにした女性との交流を綴ったファンタジーです。何せお多福人形が喋るのですから。そのお多福人形が法善寺から流れに流れ、富山にまで行き着いた経緯は、拙著『ぜんぶ大阪の映画やねん』(平凡社、2000年)で記述していますが、それがあまりにもドラマチックなので、いつか小説に書こうと思っていました。

『チンチン電車の風音』は、阪堺線と浜寺公園を舞台にした、ちょっぴりミステリー風の青春譚です。まさか女子大生を主人公にするなんて、自分でも思ってもみませんでした。『ロック・フォートの夕照』は、2016年春、還暦の思い出にと単身で訪れた南インドでの体験を膨らませた、一人称のドラマです。

-, 著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

落語好きの新聞記者&噺家との珍道中記~『笑福亭純瓶と行く 上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き』

落語好きの新聞記者&噺家との珍道中記~『笑福亭純瓶と行く 上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き』

古巣新聞社の社会部記者、彦坂真一郎さんのもう一つの顔が上方噺研究家。 狐狸窟彦兵衛(こりくつ・ひこべい)という雅号を持ってはります。 確か大学時代、落語研究会に入ってはったと思います。 「遊び心」をみ …

『ハンガリー公使 大久保利隆が見た三国同盟 ある外交官の戦時秘話』を読破

『ハンガリー公使 大久保利隆が見た三国同盟 ある外交官の戦時秘話』を読破

こんな人物がいたとは全く知らなかった……。   戦時中、ハンガリー公使を務めた大久保利隆。   日独伊三国同盟に疑義を唱え、ドイツの敗戦を見越して日本政府に早期終戦を説いた外交官で …

新著『ウイスキー アンド シネマ』発刊記念イベント、大盛況でした!!

新著『ウイスキー アンド シネマ』発刊記念イベント、大盛況でした!!

『武部好伸さんを囲む会』   自分で言うのも気恥ずかしいこんなタイトルで、昨夜、大阪・谷町6丁目の隆祥館書店において新刊『ウイスキーアンドシネマ 琥珀色の名脇役たち』(淡交社)発刊記念イベントが行われ …

新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑~謎の民ピクト人を追って』

新刊『スコットランド「ケルト」の誘惑~謎の民ピクト人を追って』

スコットランド「ケルト」の誘惑 著者:武部 好伸 販売元:言視舎 発売日:2013-07-26 定価:2415円 謎の民、ピクト人とは何者か? 「ケルト」を追って10年以上、ヨーロッパのほぼ全域、英国 …

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

フランス「ケルト」紀行―ブルターニュを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2003-07定価:2300円+税  フランスのなかの異色の地。2002年夏、大西洋ににょきっと突き出たブルターニュ地方 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。