武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一

投稿日:

フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一 フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一

著者:武部好伸
出版社:幻戯書房
発売日:2021/12/20
定価:1,944円

 

4年がかりで書き上げた渾身の処女小説です。初めてペンネームの東龍造(ひがし・りゅうぞう)を使いました。

125年前の明治29(1896)年、アメリカの発明王エジソンに直談判し、個人輸入した映写機ヴァイタスコープを使って、大阪の難波でスクリーン投影式映画(今日の映画)の本邦初上映を行った心斎橋の舶来品雑貨商、荒木和一の足跡を追った評伝風小説です。

フランスからシネマトグラフを導入した京都の実業家、稲畑勝太郎とのバトルと〈運命の糸〉を軸とした、非常にスリリングな内容になっています。

5年前に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)の第1章を膨らませたもので、映画がいかにして日本にもたらされたのかがよくわかると思います。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第11弾 【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編

シリーズ第11弾 【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編

【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編 著者:武部 好伸販売元:彩流社A5版、並製発売日:2010-06-18定価:1800円+税 「ケルト」紀行シリーズ全10巻から厳選した写真を中心に …

シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち

シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち

シネマティーニ―銀幕のなかの洋酒たち著者:武部 好伸販売元:淡交社発売日:1999-08定価1800円+税  映画には小道具が欠かせませんが、そのなかでひときわ目立つのがお酒です。何気なく映っているボ …

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行―名作の舞台を訪ねて著者:武部 好伸販売元:論創社発売日:1998-06定価2000円+税  アイルランド、英国のスコットランド、ウェールズ、コンウォール、マン島といった〈ケルト文化圏〉 …

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

スペイン「ケルト」紀行―ガリシア地方を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2000-05定価:2200円+税  ぼくが「ケルト」に興味を抱いてからも、長らくスペイン北西部ガリシア地方のことなどま …

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

イングランド「ケルト」紀行―アルビオンを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2006-10定価:2500円+税 イギリスの半分以上を占めるイングランドの「ケルト」を探る旅です。2005年夏に敢行 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。