武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 日記

今日、誕生日を迎えました~(^_-)-☆

投稿日:

怪獣の王、ゴジラと同い年です。

今日、誕生日を迎え、ますますパワフルになってきたゴジラに少しでも追いつきたい~と思いました~ (笑)

この1年はコロナ禍の影響を受け、思うように成果が上がりませんでした。

一生懸命やっているのに、空回りばかり。

結構、胸に重い楔を何度も打たれましたが、逆に打たれ強くなりました。

これらも、「好きの力」を信じて、生かして、イチビりながら、お酒を嗜みながら、ぼちぼちやっていきます~ (^_-)-☆

昼下がり、ちょかBandの相方(疋田さん)が理事を務めている大阪質屋協同組合主催の「質屋寄席」を楽しみました(場所は東心斎橋の大質ビル)

ご子息の笑福亭智丸さん、だんだん風格が出てきました。

こんな鬱屈した時期にはやっぱり笑いが一番ですね~ (^^)/

気分よく帰宅すると、わが阪神、DeNAに3連敗~!!

何やっとんねん!!

これは完全に想定外でしたわ。

ここはグッと感情を抑え、まぁ、こういうこともあら~なと笑い飛ばしましょう~ (内心は本泣きですが~ )

ということで、これからもよろしゅうお願いします ~(^_-)-☆

追伸、今の心境。

コロナをウイスキー漬けにして、ゴジラに飲み干してもらいたい~(^O^)/

-その他, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

素晴らしき哉、焼津~! 

素晴らしき哉、焼津~! 

7月4日(日)、5日(月)と静岡県の焼津に出張していました。 当地にある小泉八雲記念館から、ケルトの講演を依頼されたからです。 明治の文豪、小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーン(1850~1904)と焼 …

翻訳劇『毒薬と老嬢』(松竹)のプログラムにぼくのエッセイが載っています!

翻訳劇『毒薬と老嬢』(松竹)のプログラムにぼくのエッセイが載っています!

戦時中にブロードウェイとウェストエンドで大ヒットしたブラック・コメディ『毒薬と老嬢』。 1944年には売り出し中のケーリー・グラントを起用し、名匠フランク・キャプラ監督の手で映画化されています。 この …

おばあちゃんとの会話、土佐堀川にて~

おばあちゃんとの会話、土佐堀川にて~

「夏になったら、納涼の舟がいっぱい出て、えらいにぎわいでした」 「え~っ! この土佐堀川ですか~。いつごろのことなんですか?」 「戦前の話。大昔のことですわ。むこうに朝日(新聞社)のビルが見えまっしゃ …

20年前の岩下志麻さん&松坂慶子さん~!!

20年前の岩下志麻さん&松坂慶子さん~!!

おーーっ!! 岩下志麻さんと松坂慶子さん(あえて敬称をつけます)~!! 先ほど書庫を整理していたら、新聞社の文化部記者時代に取材したご両人の写真が出てきました。 かれこれ20年ほど前でしょうか。 若い …

隆祥館書店⇒生家⇒玉三郎の舞踊⇒ちょかBandリハーサル

隆祥館書店⇒生家⇒玉三郎の舞踊⇒ちょかBandリハーサル

寒波襲来で冷蔵庫状態になった27日(金)は超多忙でした。 午前中、来月公演の舞台『フェイドアウト』の企画・主催者、井場さん兄妹(イサオビルのオーナー)を伴って、谷町六丁目の隆祥館書店へ。 ぼくの生まれ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。