武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わずかばかりの義援金

わずかばかりの義援金

先日、刊行された『スペインのガリシアを知るための50章』の印税を、発行元・明石書店の計らいで東日本大震災復興のための義援金に回すことになりました。 本書の中で、ぼくは「ケルト」の1章を書きました。 わ …

戦争終結に至る激動のプロセス~『日本のいちばん長い日』

戦争終結に至る激動のプロセス~『日本のいちばん長い日』

この時期になると、戦争モノの映画がめっぽう増えてきます。   しかも、今年は戦後70年とあって、特に多いような気がしています。   この日本映画『日本のいちばん長い日』もそうです。 …

シリーズ第11弾 【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編

シリーズ第11弾 【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編

【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編 著者:武部 好伸販売元:彩流社A5版、並製発売日:2010-06-18定価:1800円+税 「ケルト」紀行シリーズ全10巻から厳選した写真を中心に …

亡き父親の写真が『大阪早稲田倶楽部100年史』に掲載されました~(^_-)-☆

亡き父親の写真が『大阪早稲田倶楽部100年史』に掲載されました~(^_-)-☆

亡き父親が若かりし頃に撮影した写真の数々。 すべて昭和30年代の大阪を活写したものです。 あろうことか、それらが『大阪早稲田倶楽部100年史』に掲載されました!! 「ああ懐かしの大阪」と題し、特選の1 …

(4)フランス南西部紀行~カルカッソンヌ

(4)フランス南西部紀行~カルカッソンヌ

ニームから鈍行列車で地中海沿いに西方のナルボンヌに向かいました。   ナルボンヌは南ガリアにおける古代ローマ帝国の拠点でした。   途中下車で2時間ほど、街を散策。   …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。