武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『ビバ! ウイスキー アンド シネマ』~11月26日(日)午後3時から豊中のショットバー・リーで開催

『ビバ! ウイスキー アンド シネマ』~11月26日(日)午後3時から豊中のショットバー・リーで開催

11月初旬刊行の新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)にちなみに、またまたトークショーが決まりました~❗ 『ビバ❗ ウイスキー アンド シネマ』 素敵な女性バーテンダー …

東日本大震災の被災地応援イベント~神戸映画資料館

東日本大震災の被災地応援イベント~神戸映画資料館

神戸映画資料館から被災地応援イベントの案内が届きました。 今度の土、日曜日。 日が迫っておりますが、「何か」をしたい人はどうぞ! 【東北応援カフェ 神戸の巻】 5月14日(土)・15日(日) 11:0 …

目からウロコ……

目からウロコ……

フルマラソン出場(できれば大阪マラソン!)をめざし、ジョッギングを続けているんですが、この本を読んで衝撃を受けました。 『マラソンは毎日走っても完走できない』というタイトル。 え~っ! 一体なんやねん …

ヒマラヤ国際映画祭 テーマは「地球を考える」~

ヒマラヤ国際映画祭 テーマは「地球を考える」~

お昼に入ったマクドナルドで福引のクジを引いたら、なんと1年分のチーズバーガーが当たった~!!! なんてことはありえませんよね(笑)。きょう(4月1日)はエイプリル・フールです。すんません、しょうもない …

センチメンタリズムの結晶、『二十四の瞳』~♪

センチメンタリズムの結晶、『二十四の瞳』~♪

今日は日本映画の名作を~。 『二十四の瞳』(1954年)--。壺井栄の同名小説を名匠・木下恵介監督が銀幕に甦らせた文芸映画の名作です。 日本の反戦映画のなかで、かくもセンチメンタリズムに徹して描かれた …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。