武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

南インド・タミルナードゥ州紀行(2018年5月)

(10)南インド・タミルナードゥ州への旅~10日目(5月28日)最終日

投稿日:2018年6月2日 更新日:

日本に帰る日です。

朝、ホテルをチェックアウトし、近くのエグモア駅から地下鉄で空港に向かいました。

日本の地下鉄の佇まいとほとんど同じ。

きれいなエスカレーターもあって。

でも、人がいません……。

通勤時間帯というのに~((+_+))

切符を買おうとしたら、「フリーです。無料!!」

えっ! 何でや??

最近、地下鉄ができたばかりで乗客の流れを調べているみたい。

そのおかげで無料で郊外の空港まで行けました。

ラッキー!!

チェンナイ 国際空港に到着。

昼前のマレーシア航空でクアラルンプールを経由して明朝(29日)、関空着です。

行きと同じく接続の便が悪く、クアラルンプール空港でかなり待ちます~😓

わずか10日間の短い滞在でしたが、3年ぶり2度目の南インドを目一杯、満喫できました。

一番うれしかったのは……。

何といっても、40度を超える炎天下、しかも湿気が高い中、2時間半かけて、えっちらおっちらと「聖なる山」アルナーチャラ山によじ登り、山頂で「イェーツ~❗」と絶叫できたこと。

何せ旅の最大の目的でしたから~😁

後日、登頂したことをちょっと自慢気に各地で言うと、「この酷暑期(ウルトラ・ホット・シーズン)に~❗  ガイドなしで単独で登るとは、なかなかクレージーですな」と誰もがびっくりしてはりました~😁

さて、この3年間に変わったこと……。

スマホの普及率が半端やなかったです。

年配者も当たり前のように使うてはります。

それに若者が随分、垢抜けしていました。

みなすごくセンスが良くて、ファッショナブル。

日本のヤングとよぉ似てます。

それでも、街中は依然、混沌、雑然としていました。

ほんま、喧騒の世界です。

車、バス、リキシャ、バイクがけたたましくクラクションを鳴らし、通行人がひしめき、牛がのしのしく歩く道路を猛スピードで走行~💨💨

中には逆走してくるバイクも。

小回りの効くリキシャはスリル満点です。

運転手と値段を交渉して乗るのが病みつきになりましたわ~😁

まだ人力によるリキシャも見かけましたが、これにはついぞ乗ることはなかったです。

事故が起きても不思議ではないのに、うまく「共存」しています。

これが「混沌の中の秩序」。

日本とは全くベクトルが異なります。

あと、カースト制度ですが、まだまだ根強いですね。

大衆食堂で掃除をするおばちゃん、街中の物乞い、小作農のお百姓さん……。

農家は茅葺き小屋が多いです。

彼らの多くはカースト制度にも属さない最下層階級。

独立の祖マハトマ・ガンジーは彼らを「ハリジャン(神の子)」と呼び、限りない慈愛と救いの手を差し伸べました。

とはいえ、現実はまだまだ彼らには大きな壁(偏見、差別)が立ちはだかっています。

インド産業を支えるIT企業は身分を問わずに優秀な人材を採用しています。

これを突破口にして身分差別が少しは改善されないかと願っています。

以前、投稿しましたが、カースト制度から逸脱するため、南インドではとりわけキリスト教に改宗する人が増えています。

ただ、先祖代々、熱烈なヒンドゥー教徒の家庭からキリスト教に変わると家族と絶縁~というケースもあるみたいです。

それほどまでヒンドゥーの教えが社会に根をおろしています。

そのヒンドゥー教ですが、インドを旅しようと思えば、最低限、ヒンドゥーの神々の知識を身につけておく方がええと思います。

それが日常を包み込んでいるからです。

それと仏教、イスラム教との関係、さらには大英帝国による影響についても頭に入れておきたいです。

めちゃめちゃ歩き回ったので、短パンが破れてしまい、サンダルもぼろぼろに~😓

しかし、300%ほど(笑)「心の洗濯」ができ、エネルギーを蓄えました。

シヴァ神のパワーを秘めた小石ももらったことやし~(笑)

そうそう、阪神タイガースの連勝を祈願して、こんな虎のマグネットを買いました❗

これでもって「南インド放浪の旅」レポートを終えます。

最後に……、インドにはやたらワンちゃんがいましたが、みな無防備。

来世委はインドの犬になろうかな(笑)

長文に目を通していただき、ありがとうございました~😉👍

-南インド・タミルナードゥ州紀行(2018年5月),

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スペインひとり旅(12)

スペインひとり旅(12)

サラマンカ(Salamanca)は大学都市です。 1218年に創立、スペイン最古のサラマンカ大学が街中にあります。 イタリアのボローニャ大学、パリのソルボンヌ大学、イギリスのオックスフォード大学と比肩 …

『スコットランド「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』、やっと脱稿~!!

『スコットランド「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』、やっと脱稿~!!

Facebookとほぼ同じ内容ですが……。   やっとでけた~!!    『スコットランド「ケルト」紀行~カレドニアを歩く』の原稿が。   それも2年がかりで~、フーッ~。   分量は350枚、写真が …

今年の夏はポーランドに行きます

今年の夏はポーランドに行きます

今日は暑かった。 すでに夏の雰囲気でしたね。 夏と言えば、毎年、ヨーロッパへ旅立っていますが、今年は「ケルト」から離れ、ポーランドへ行く予定です。 スピルバーグの映画『シンドラーのリスト』を含め、第2 …

バルト3国レポート(8)~

バルト3国レポート(8)~

この秋から放映されるNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の原作を、先日、読破しました。司馬遼太郎さんの代表作ですね。文庫本で全8巻~! 学生時代から5度目のチャレンジでようやく読み切ることができた~。 …

ママチャリ琵琶湖1周ツアー(中)

ママチャリ琵琶湖1周ツアー(中)

ママチャリ琵琶湖1周ツアーの2日目(5月19日、日曜日)です。   長浜駅前のビジネスホテルで午前6時半に起床。   カーテンを開けると、うす曇り。   天気予報ではきょ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。