武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記 未分類

半世紀ぶり、初めての小学校の同窓会~!(^^)!

投稿日:

今日(5月21日)は、小学校の同窓会でした。

大阪のほぼ真ん中、谷町4丁目にあった大阪市立南大江小学校(現在は少し南西側に移っています)。

 

同窓会は1967年の卒業以来、初めて~(^_-)-☆

ということは、50年ぶりです!!

会場は、上本町6丁目の中華料理店「百楽」。

あのころ、都心部のドーナツ化現象で、3クラスだけでした。

1クラスが45人として135人。

そのうち40人が同窓会に出席してくれました。

 

半世紀ぶりに再会した人も少なくなかったです。

だれか判別できなかった人もいましたが、「今の方が武部君らしい」と言われ、びっくりポンでした~(^^;)

当時のぼくは、やんちゃでイチビリ、そして思いっきりちょかでした~(笑)

今でも直っていません……(*’▽’)

物心ついた時からの幼なじみ「けい子ちゃん」とも会え、うれしかったです。

同級生ともツーショット~(^_-)-☆

小学生時代となると、あまり鮮明に覚えていませんね。

何が一番の思い出かというと、学校の正門にちょくちょく来ていた行商のおっちゃんと妙に仲良くなれたことです。

針金を使ってピストルを作りはるんですよ。

「針金銃」!

弾は輪ゴムです。

下校時間を狙って、ぼくら小学生男子に「針金銃」を売ってはりました。

「絶対に買うたらアカンぞ!」という先生のきついお達しを無視し、ぼくは3丁ほど買っていました。

そのうち、ぼくにあれこれと喋ってくれはりまして、毎日、立ち寄っていました。

でも、10日も経たないうちに、そのおじさんの姿が消えていました……。

何かめちゃめちゃ哀しかったのを覚えています。

閑話休題――。

二次会は、同窓生のA君が経営するミナミのラウンジで。

このA君、小学生のころからエレキギターが上手で、今日もライブを楽しませてくれました~(^_-)-☆

二次会も盛り上がりました。

 

みんなで我を忘れて踊りまくったのが最高でした!

そんなこんなで、素晴らしい1日になりました~(^.^)/~~~

-日記, 未分類

執筆者:


  1. 中島慶子 より:

    故郷恋しさに、ときどき武部君のブログを拝見しているのですが、どっかで見た顔を見つけて・・・(^_^;)
    でも、みなさん良い年齢の重ね方をしてらっしゃいましたね。

    • admin より:

      コメントしてくれて、おおきに! ほんま、みんなええ年齢の重ね方をしてはりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

同期の送別会……

同期の送別会……

梅雨空が続いていますね。   昨夜、古巣の読売新聞大阪本社を定年退職する同期2人の送別会がありました。   ぼくたちは1978年(昭和53年)に入社しました。   緊張した面持ちで …

100年前、こんなたくましいアメリカ人女性が日本にいました~『レオニー』

100年前、こんなたくましいアメリカ人女性が日本にいました~『レオニー』

配給:角川映画 ©レオニーパートナーズ合同会社 女性の強さを描いた映画が案外、多いですね。 この映画はその極めつけです~!      ☆     ☆     ☆     ☆    ☆ 自分の …

菜の花の酒蔵、京都・伏見~♪♪

菜の花の酒蔵、京都・伏見~♪♪

初夏のような陽気に誘われ、衝動的に京都・伏見へ足を運びました。思いついたら、すぐ行動に移します。良いように言えば、フットワークが軽い。悪く言えば、粗忽。まぁ、どっちゃでもいいです。きゅうに菜の花が見た …

河瀬直美監督の新作『2つ目の窓』

河瀬直美監督の新作『2つ目の窓』

カンヌ映画祭の“常連”である彼女をあまり快く思っていない人が少なくない。   自己主張が強すぎるからな。   ぼくの周りにも数人いてます。   さて、この新作はいかに? …

東日本大震災、10年を迎えました!

東日本大震災、10年を迎えました!

未曾有の原発事故を引き起こし、約2万2000人の犠牲者を出した東日本大震災から、今日でちょうど10年。 あの日、ぼくは大阪・北堀江にあった松竹関西支社の試写室で『八月の蝉』を観ていました。 試写室は最 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。