武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

教え子が編集した本、書店に並びます~♪♪

投稿日:2012年7月17日 更新日:

関西大学を2006年に卒業した教え子のさっちん(大谷幸恵さん、ゼミ3期生)が昨夜、ゼミ生のこまき(小賀真紀さん)と一緒にわが家に遊びに来てくれました。

 

2人とも元気でした。

 

さっちん(写真右)は、とびきりバイタリティーがあふれていました。

 近々、彼女が編集した本が書店に並ぶからです。

 

こんな本です。

 就活で失敗を繰り返し、定職に就けなかったアメリカ人青年ダニエル・セディッキ君が、全米50州を50週かけて、50の職にチャレンジした体験をまとめたものです。

 

帯にはこんなキャッチフレーズがついていました。

 

「最近肩が凝っているあなた、息抜きにぜひどうぞ」

 

発行元は共同通信社。

 

彼女は今春から同社の出版部門で働いています。

 

大学卒業後、医療関係の人材派遣会社に入社しましたが、本が大好きだったので、思い切って出版業界へ飛び込み、そこでこんなブタと人間の共生を撮った写真集を編集しました。

 

これ、話題になり、結構、売れたようです。

 

そのまま軌道に乗っていくものと思いきや、やむなく離職。

 

しばしニートを経験中、あちこちの出版社にチャレンジし、ようやく共同通信社と縁ができたという次第。

 

よかった、よかった。

 

きのう、彼女の本と活字文化に対する熱意を肌で感じました。

 

さっちん、波に乗っているよ!!

 

今のポジションを大いに生かし、「好きの力」をめいっぱい、ぶつけてください。

 

どんな編集ウーマンに成長していくのか、楽しみにしています。

 

イェーツ(^o^)v

-日記,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

京の名刹、『雁の寺』を訪ねて~

京の名刹、『雁の寺』を訪ねて~

あす9月8日は作家、水上勉さんの命日「帰雁忌」です。亡くなられてから、もう5年になります。 どうして「雁」の字がついているのかというと、水上さんが作家としてその地位をきずいた直木賞受賞作の『雁の寺』( …

「大阪都構想」の是非を問う住民投票を前に、『郷土、大阪市』についての想い

「大阪都構想」の是非を問う住民投票を前に、『郷土、大阪市』についての想い

『郷土、大阪市』   ロンドン(約840万人)……8倍   ニューヨーク(約820万人)とロサンゼルス(約390万人)……6倍   ベルリン(約350万人)……4.5倍 …

サッカーW杯にみるナショナリズム(?)~

サッカーW杯にみるナショナリズム(?)~

きのうテレビに釘づけになっていた人が多いでしょうね。 サッカーW杯の日本とオランダ戦。 優勝候補と目されているオランダ相手に、よくぞ1点で守り抜きました。 善戦だとぼくは思っています。 ブ~~ブ~~。 …

わずかばかりの義援金

わずかばかりの義援金

先日、刊行された『スペインのガリシアを知るための50章』の印税を、発行元・明石書店の計らいで東日本大震災復興のための義援金に回すことになりました。 本書の中で、ぼくは「ケルト」の1章を書きました。 わ …

山陰日本アイルランド協会の会報『コージャス』26号に拙著が大きく掲載されました!

山陰日本アイルランド協会の会報『コージャス』26号に拙著が大きく掲載されました!

山陰日本アイルランド協会から、会報『コージャス〈友情〉』の最新号(26号)が届きました。 この協会は、明治期の作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)のひ孫、小泉凡さん(小泉八雲記念館館長、島根県立大学 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。