武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト スペインひとり旅(2016年9月)

スペインひとり旅(10)

投稿日:

スペインに来て5日目にして、ようやくまともな夕食にありつけました~(^o^;)

何せ、これまでお酒の肴(タパスやピンチョスなど)だけでお腹がいっぱいになっていましたから~(笑)

で、ログローニュからバスで1時間半ほど揺られて到着したブルゴスの町で、直感的にここはええぞと思ったバル兼レストランに入り、チキンの料理をいただきました。

しかしスペイン語がわからないので、ちゃんとオーダーできません。

そこで、店の看板に貼ってあるチキン料理の写真をスマホで撮り、お店の人に見せて難なく注文できました~(^o^;)

dsc_0096

この料理、信じられんほど美味かった~!!

ニンニクとハーブの得も言われぬ香りが骨付きチキンにがんじがらめにまとわりつき、無心になってむしゃふりつきました~(^-^)v

dsc_0097

白ワイン(地域、品種不明)と、そのあとの赤ワイン(リオハのテンプラニーニョ)にもバッチリ合いました。

ぼくはゆめゆめグルメではありませんが、この料理には完全にノックアウトされましたわ。

それにしても、今日は(も)ついてました。

夕刻、ブルゴスに到着後、手頃なホテルがないかな~とバスターミナルの前でキョロキョロ辺りを見回していると、「ホテルを探してはるんですか?」とふいに背後から英語で声をかけられました(何で大阪弁やねん)。

ややこしい人やったら無視したろと思って、チラッと振り向くと、何ともお上品な初老の神父さんでした~!!

「近くにホテルがないかなぁと思いまして」

「この通りの2ブロック目にええホテルがありますよ」

ありがたい❗

さっそく神父さんに教えてもらったホテルに飛び込むと、空き部屋があり、運良く宿を確保できました。

50ユーロ(約5700円)の宿泊代にしては、かなりゴージャスな部屋でした。

ウェルカム・ワインのボトル(18.7cl.)も置いてあって。

神父さん、ムチャス・グラシアス(おおきに、ありがとうございました❗)

これはきっと、昨日、サンティアゴへの巡礼者たちに声がけをした「お返し」なのかもしれないと勝手に思い込んでいます(笑)

-ケルト, スペインひとり旅(2016年9月),

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

新聞記者から作家に~人生を変えた1杯のウイスキー

新聞記者から作家に~人生を変えた1杯のウイスキー

日本とスコットランドとの親睦を深めるNPO団体、「日本スコットランド協会」の会員になって22年になります。 同会のニューズレターの最新号にエッセーを寄稿しました。 この話はちょくちょく披露しております …

拙著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が企画会社のHPでドカーンと~(^_-)-☆

拙著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が企画会社のHPでドカーンと~(^_-)-☆

船井総合研究所の関連会社で、「51コラボレーションズ」という東京のセミナー&イベント企画会社のHPに、「51コラボレーションズおすすめbook」として拙著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』( …

英国コーンウォールのトークショー~7日(金)夜、天六のワイルドバンチで

英国コーンウォールのトークショー~7日(金)夜、天六のワイルドバンチで

大阪・天六(天神橋筋六丁目)のブック・カフェバー「ワイルドバンチ」は、映画をいろんな形で発信している文化スポットです。 これまで、ぼくはそこで映画や人生訓などいろいろトークをさせていただきました。 そ …

教え子が世界1周の旅に~!!

教え子が世界1周の旅に~!!

‎1人の若者が今日、新妻を伴って世界1周の旅に出ます。 大学(関西大学社会学部)の教え子(ゼミではなかったけれど)の和田康佑君。 5年間、勤めた銀行を退職し、2年がかりで世界各地を巡ってく …

バルト3国レポート(7)~

バルト3国レポート(7)~

昨晩、中秋の名月を京都で眺めました。東山を照らす真ん丸いお月さん。ほろ酔い気分も手伝ってか、CDよりも大きく見え、思わず眼を見開いてしまった。 40年前、あそこに人類が足跡を残したんや~。そう思うや、 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。