武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

人生、うまいこといきまへんわ。そやけど、それもまた善し……、『海よりもまだ深く』

投稿日:

こんなはずじゃなかった……。

子どものころに思い描いていた大人になっていない。

多くの人が抱いているであろう心情を珠玉の家族ドラマとして紡ぎ上げた。

それもまた人生。

そう思わせるところに心地良さを感じる。

© 2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

© 2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

「そして父になる」「海街Diary」などで家族を見据えてきた是枝裕和監督が本作でテーマをより深化させた。

舞台は、監督が実際にかつて暮らしていた東京郊外の団地だ。

良多は15年前に一度、文学賞を受賞したきりで、その後は鳴かず飛ばず。

人一倍の夢追い人だが、ギャンブル好きで、金銭感覚にルーズ。

妻の響子(真木よう子)から離縁され、息子と月に1度しか会えない。

実に情けない、それでいて憎めないダメ男を阿部寛が違和感なく演じていた。

とぼけた言動が笑いを誘い、愛おしくすら思える。

元妻に未練をもつ良多はどこか子供っぽい。

対して、自立心のある響子は「愛だけでは生きていけないのよ」と冷たく言い放つ大人の女性。

2人の温度差が物語の隠し味になっていた。

主人公が唯一甘えられるのが、団地で気楽に独り暮らしを送る母親。

この手の役どころを自然体でこなせるのは樹木希林を置いて他にはいない。

さすがだ。

阿部と樹木を想定して監督が当て書きした脚本だけに、親子の丁々発止のやり取りがたまらなく面白い。

「何で男は今を愛せないのかね」

時折、母親がさらりと発する言葉に息子がドキッとする。

良多が勤める興信所の気遣い上手な部下(池松壮亮)や毒舌家の姉(小林聡美)らを絡ませ、元家族の3人が一夜を共にするクライマックスへと導く。

なかなかスリリングで、澱みのない展開にうならされる。

平成の小津安二郎と評される是枝監督だが、本作については「登場人物の生活感も、色合いがくすんでいて成瀬巳喜男に近い」と。

納得!

テレサ・テンの『別れの予感』の歌詞が何度もフィードバックした。

1時間57分

★★★★★(今年有数の傑作)

☆21日から大阪ステーションシティシネマほかで公開

(日本経済新聞夕刊に2016年5月20日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「大阪映画』で最初に撮られたハリウッド映画が『やさしい狼犬部隊』と判明!!

「大阪映画』で最初に撮られたハリウッド映画が『やさしい狼犬部隊』と判明!!

大阪でハリウッド映画のロケ撮影が行われたのは、1989年の『ブラック・レイン』が最初と思っていました。 リドリー・スコット監督が松田優作(遺作)を主演に起用したあの有名な犯罪アクションですね。 ところ …

不良ジジイと優等生少年との友情~米映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

不良ジジイと優等生少年との友情~米映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』

© 2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.   老人と子供。   年齢差や価値観の違いなどがドラマを生み、絵にもなるので、映 …

郷土誌「大阪春秋」からの依頼原稿を脱稿! 『映画と上方の芸能、演芸~切っても切れない間柄~』

郷土誌「大阪春秋」からの依頼原稿を脱稿! 『映画と上方の芸能、演芸~切っても切れない間柄~』

春からこつこつと調べ、書き進めてきた大原稿を脱稿~!! 郷土誌『大阪春秋』(季刊)からの依頼原稿です。 「メディアと上方の芸能」(仮)という特集で、ぼくは映画との関わりについて書きました。 歌舞伎、文 …

シーリズ第24作~『007 スペクター』

シーリズ第24作~『007 スペクター』

「007」のブランド力は強烈だ。   53年間も続いてきたシリーズなのに、24作目の本作が封切られるや、気分が高揚する。   6代目ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグも4度目と …

久しぶりのブログ! 新作映画『オフィシャル・シークレット』(英)のご紹介です

久しぶりのブログ! 新作映画『オフィシャル・シークレット』(英)のご紹介です

緊急事態宣言が発令されてから、むしろやるべきことが多くなり、なかなかブログを更新することができませんでした。 久しぶりに新作映画の投稿です。 イギリス映画『オフィシャル・シークレット』。 2003年の …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。