武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大学

大学の教え子が編んだ希望を与える本~『3.11からの夢』

投稿日:

『3.11からの夢』

 

こんなタイトルの本が出版されました。

14559772055521

編集したのは、ぼくの大学の教え子、末永光さんです。

 

彼女は2年前に関西大学社会学部マスコミ専攻を卒業し、京都の「いろは出版」に勤めました。

 

関西人である「ヨソモノ」の彼女が、あの東日本大震災に対して本気で向き合った本です。

 

30人の方々の「夢」と「現状」が詰まっています。

 

編集後記に目を通していると、涙がぼろぼろあふれてきました。

14559769481940

ええ仕事をしたな~、ほんまに。

 

まだ社会人2年目なのに……、吃驚しています。

 

これは「宝物」にしないと!

 

定価:本体1,900円+税

-大学,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一』の拙稿が『大阪の歴史』に載りました!

『日本に初めて映画を持ち込んだ男~大阪の実業家、荒木和一~』 こんな題名の拙稿が大阪市史編纂所の紀要『大阪の歴史』86号に掲載されました。 昨年秋に上梓した『大阪「映画」事始め』(彩流社)に盛り込めな …

今年を振り返って……(^_-)-☆

今年を振り返って……(^_-)-☆

昨年に続き、コロナ禍に振り回された2021年もいよいよ終幕が近づいてきました。 この1年を振り返ると、最大のトピックスはやっぱり初小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房) …

寺前未来さんのライブを満喫~♪♪

寺前未来さんのライブを満喫~♪♪

今夜は心斎橋のライブハウスJANUSで楽しいひと時を過ごしました。   関西大学を卒業後、プロのシンガーソングライターとして活躍する寺前未来さんが企画したジョイントライブを機器に行きました。 …

『ハンガリー公使 大久保利隆が見た三国同盟 ある外交官の戦時秘話』を読破

『ハンガリー公使 大久保利隆が見た三国同盟 ある外交官の戦時秘話』を読破

こんな人物がいたとは全く知らなかった……。   戦時中、ハンガリー公使を務めた大久保利隆。   日独伊三国同盟に疑義を唱え、ドイツの敗戦を見越して日本政府に早期終戦を説いた外交官で …

今週は「ラジオ出演ウイーク」です~(^_-)-☆

今週は「ラジオ出演ウイーク」です~(^_-)-☆

バタバタしていて、大事な告知をするのを忘れていました! Facebookには投稿しているんですが……。 拙著『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の絡みで、今週は〈ラジオ出 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。