武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

ドイツ「ケルト」紀行(7)

投稿日:

ちょっと寄り道しました

 

ドイツからフランスに入り、アルザス地方のストラスブールへ。

 

本場アルザス・ワインを堪能したいからというのもありますが(笑)、当地にあるケルト関連スポットを訪ねるのが狙いです。

 

臨機応変と言いましょうか、行き当たりばったりの旅。

 

いつもこんな感じです~(((^^;)

 

ぼくの人生もよぉ似てますわ(笑)

 

そのおかげで、乗る予定がなかったドイツの高速列車ICEを利用することになりました~(*^^*)

20150807_104230

カールスルーエからストラスブールまで、一回乗り換えで1時間強。

 

ストラスブールは初めてです。

IMG_7462

 

IMG_7455

 

IMG_7504

 

IMG_7474

ドイツに限りなく近いフランス、そんな感じですね。

 

道路標示がフランス語とドイツ語の併記で、バイリンガーの住民がほとんどだとか。

IMG_7465

さっそくストラスブール産のビール、Kronenbourg(クローネンブール)の缶を買って、グビリと飲んだら、頭がクラクラ~(*_*)

 

ラベルを見ると、「7.2」と大きく印字されてある。

14383390989171

そうか、アルコール度数が7.2%~!!!

 

こんな高濃度のビールを口にしたことありまへん~(((^^;)

 

にわかにええ塩梅になり、街中を歩いていると、帽子屋さんの前にオシャレな「招き人形」が~!

20150731_115554

 

こんなオブジェはドイツでは見当たらなかったです~。

 

ドイツとフランス。

 

隣国同士なのに、風土や国民気質がかなり異なりますね。

 

ゲルマンとラテン。

 

この差をまざまざと見せつけられます。

 

ドイツは合理的・機能的で、何でも直線的。

 

白黒ハッキリするきらいがあります。

 

それに対し、フランスはアンニュイ。

IMG_7473

芸術なセンスや「遊び心」においては断然、フランスに分があります。

 

ぼくはフランスの方が相性が合いますが~(((^^;)

 

このストラスブールで2泊しようと思っています。

-ケルト, ドイツ「ケルト」紀行(2015年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

19日、神戸で講演:『スコットランドとウイスキー』~(^_-)-☆

19日、神戸で講演:『スコットランドとウイスキー』~(^_-)-☆

今日から卯月。   穏やかな日差しを浴び、桜花が微笑んでいます~(^^♪   ちょっとお知らせです。 神戸の市民映画劇場4月例会(神戸映画サークル協議会主催)で、イギリス映画界の社 …

ドイツ「ケルト」紀行(11)

ドイツ「ケルト」紀行(11)

OSAKA   この屋号の日本料理店をヨーロッパでよく目にします。 日本人が多く住んでいそうに思えないドイツ南西部ザールブリュッケンの町にもありました。   この看板を目にすると、 …

秋にケルトの本を上梓します~(^_-)-☆

秋にケルトの本を上梓します~(^_-)-☆

新型コロナ禍で海外の読み物が逆風にさらされている中、何とかヨーロッパの「ケルト」の本を出せることになりました~❗ やれやれ~😉 ライフワークの「ケルト」に関する自著は、『 …

3月23日(土)~『「ケルト」を旅する~中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』(朝日カルチャーセンター中之島教室)

3月23日(土)~『「ケルト」を旅する~中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』(朝日カルチャーセンター中之島教室)

『「ケルト」を旅する~中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』 ちょっと先ですが、3月23日(土)、朝日カルチャーセンター中之島教室でこんな演題でお話しします。 今日の朝日新聞夕刊にも大きく告知され …

早稲田大学でスコットランドの講演をしてきました~(^^♪

早稲田大学でスコットランドの講演をしてきました~(^^♪

♪♪~都の西北、早稲田の杜に~♪♪   24日(土)、東京は早稲田大学のキャンパス内にある国際会議場(セミナールーム)で、『スコットランドの「ケルト」』と題して講演してきました。 &nbsp …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。