武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

南インド紀行(2015.2.14~27)

南インド紀行(3)~初めての列車の旅

投稿日:2015年3月2日 更新日:

3日目(16日)

 

インドの列車に初めて乗りました!!

 

トリヴァンドラム中央駅から南のカニャークマリへの急行「KANYAKUMRI号」。

 

窓口で、「カニャークマリへ行きたい」と言うと、英語の堪能な女性スタッフがてきぱきとコンピュータをたたき、切符をくれました。

 

運賃は75ルピー(約150円)。

 

約83キロもあるのに、この値段とは驚き。

 

日本の物価からすれば、だいたい10分の1~7分の1くらいですが、とくに公共交通機関の運賃はほんとうに安いです。

 

でも、インドの人にとっては、75ルピーはそれなりに価値があると思います。

 

大阪から和歌山市の少し向こうくらいの距離ですから、近郊列車ですね。

 

はて、どの車両に乗ればいいのかわかりません。

 

切符には何も記されていません。

 

そのうち電気機関車に牽引された急行列車が到着しました。

 

ホームは結構、混み合っています。

 

列車が停まる前から、どんどん人が飛び降り、停車するや、降りる人よりも先にみな乗ろうとする。

 

すごい、すごい!

14240591791501

ひと昔前の大阪で見た光景です~(笑)

 

こら、アカン~!!

 

懐かしがっている場合ではありません。

 

このままでは乗れなくなる。

 

そう思って、すいている車両を探していると、一番後部の車両が比較的、混み具合がマシでした。

 

その車両に入り、空いている席にちょこんと坐りました。

 

すると、乗客からクスクスと笑い声が……。

 

いったい、何やねん??

 

キョロキョロしていたら、向かいの席に坐っていたおばちゃんがひと言。

 

「ここは女性専用車両です」

 

えっ!!

 

道理で、女の人ばっかりやった~(*_*)

 

このパターン、以前、大阪の地下鉄御堂筋線でもやったことがありますわ(笑)

 

「Sorry!!」

 

あわてて飛び降り、前の車両に飛び乗ったら、思いのほかすいていました。

 

ちょっと席を詰めてもらい、何とか腰を下ろすことができ、これでひと安心。

14240673671981

 

14240675542374

午前9時半発。

 

時間通りでした!!

 

いろんな人が乗ってはります。

 

商売人っぽい人、修行しに行く高校生、訳のわからん人……。

 

そのうち売り子が次々と登場。

 

チャイ、サモサ、揚げパン、まったく知らないパン様のモノなどなど。

14240674240792

14240674961283

 

車窓の風景は実にのどかです。

 

ヤシの木が生い茂る中、水田が広がっています。

 

水田を見ると、アジアなんだと思いますねぇ。

IMG_2177

 

途中の駅から、イケメンの青年がぼくの横に坐りました。

 

完璧な英語(もちろんインド訛りがありますが……。

 

見るからにインテリジェンスが高そう。

 

訊くと、工科大学を出て、エンジニアをしているそうです。

 

ぼくが日本人だと知ると、日本のことについていろいろ質問されました。

 

彼も終点のカニャークマリまで行くと言っていたので、一緒に下車しました。

IMG_2178

 

列車は45分遅れで、午後零時55分に到着。

IMG_2179

3時間25分の鉄道の旅でした。

 

なんでこんなに時間がかかるねん~!?

 

でも、快適でした!

IMG_2181

「宿は予約してるんですか?」

 

青年が心配してくれました。

 

「ノー、行き当たりばったりの旅です」

 

駅を出ると、眼の前にホテルがあったので、そこに泊まると言ったら、「えーっ!」と驚いていました。

 

カニャークマリはインド亜大陸最南端の地です。

 

旅の最初にここに来ることができるとは……。

 

胸が高まってきた!!!!

-南インド紀行(2015.2.14~27)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南インド紀行(19)~愛すべき南インドの人たち

南インド紀行(19)~愛すべき南インドの人たち

どんなややこしい国なんやろ~。   インドへ旅立つ前、ニュースや映画、書物などで知り得ている情報を総合すると、結局、上記のイメージを抱かざるを得ませんでした。   そして好奇心と期 …

南インド紀行(14)~ティルティラパッリの岩山でロマンス話を

南インド紀行(14)~ティルティラパッリの岩山でロマンス話を

ベンガル湾に面した海辺の聖地、ラーメシュワラムから6時間半もバスに揺られ、ようやく内陸地のティルティラパッリに着きました。   「ティルチィ」とも呼ばれる南インドの典型的な地方都市です。 こ …

南インド紀行(9)~ガンジー記念博物館を訪れて

南インド紀行(9)~ガンジー記念博物館を訪れて

マハトマ・ガンジー(1869~1948年) イギリスの植民支配下にあったインドを独立へと導いた「建国の祖」。   そのガンジーを顕彰する建物やモニュメントがインド国内に数えきれないほどありま …

南インド(11)~スリランカが眼と鼻の先

南インド(11)~スリランカが眼と鼻の先

海辺の聖地ラーメシュワラムに来たからには、眼と鼻の先にあるスリランカを見たい!   これまで2度、訪れているスリランカをインドから見ることができたらシメたもの。   よし、半島の最 …

南インド紀行(20)~エピローグ

南インド紀行(20)~エピローグ

2月26日の夜。   南インド・トリヴァンドラムからシンガポール経由で日本に帰るフライトの時間が迫ってきました。   今回の旅の「虎の巻」は『地球の歩き方  南インド編』(ダイヤモ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。