武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

滋味深い1日のドラマ~『朝食、昼食、そして夕食』

投稿日:2013年5月25日 更新日:

こんな映画、大好きです。

 

人生が凝縮しているから。

 

   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

ごく普通の1日にかくも多彩なドラマが詰まっていようとは……。

 

改めてそう実感させる滋味深い群像ドラマだった。

 

食事の場面を添えて紡ぎ出されるエピソードの数々。

 

人の営みがたまらなく愛おしく思える。

映画の舞台がスペイン北西部ガリシア地方の聖地サンティアゴ・デ・コンポステラ。

 

巡礼ルートの終着地だが、本作では大聖堂の尖塔がほんの少し映るだけで、街で暮らす市井の人たちにスポットが当てられる。

 

ギターを弾き語る中年のストリート・ミュージシャン、呑んだくれの2人組、倦怠気味の主婦、ゲイであることを兄にひた隠す弟……。

10数人の登場人物が単独で、あるいは絡み合いながら、実に興味深い言動を見せてくれる。

 

出会い、再会、出発、別離、死。題名のごとく、3度の食事を介し、想定外の出来事が次々と描かれる。

 

共通するのは幸せになりたいという願望だ。

 

しかしなかなかそうはいかない。

 

何だか人生を凝縮させた展開にいつしか引き込まれる。

 

中でも自宅に招待した恋人のために料理を作り、根気よく待ち続ける男のいじらしさともどかしさが光っていた。

 

彼の奮闘ぶりが映画のテーマそのものではないかと思ってしまう。

 

顔のクローズアップがやたらと多い。

 

ホルヘ・コイラ監督は喜怒哀楽の感情をそれで巧みにすくい取り、人物の内面を表出させた。

 

4台のカメラを同時に回し、即興で撮ったという。道理で現実味があった。

 

特産のカニ料理などが出てくるが、決してグルメ映画ではない。

 

食事シーンは人間関係の緩衝材として、また人情や本音の発露の場として使われている。

 

料理自体はそれほど意味はない。

 

朝から夜へ静かに時が移ろう。

 

そんな中、終始、黙々と喫食していた老夫婦がことさら印象深い。

 

それも人生なのだ。

 

納得。

 

1時間47分

 

★★★(見応えあり)

 

☆25日から大阪・梅田ガーデンシネマで公開

 

(日本経済新聞2013年5月24日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『パチャママの贈りもの』~心が洗われる!

『パチャママの贈りもの』~心が洗われる!

©Dolphin Productions きょうもまた映画です。 映画ばかりつづきますが、映画は3度のメシよりも好きなので、しかたがありません。開き直ります(笑) 『パチャママの贈りもの』… …

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』~クリスマスに公開

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』~クリスマスに公開

今日、アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)を試写で観てきました。   ぼくの大好きな作家、亡き田辺聖子さんの原作を大胆にアレンジし、池脇千鶴と妻夫木聡が共演した実写版(200 …

やっかいなおっさんが甦った!~ドイツ映画『帰ってきたヒトラー』

やっかいなおっさんが甦った!~ドイツ映画『帰ってきたヒトラー』

ドイツという国はつくづく大人だと思う。 あの独裁者アドルフ・ヒトラーを現在に甦らせ、ブラックコメディーに仕上げているのだから。 17日から公開の『帰ってきたヒトラー』。 映画ファンのための感動サイト、 …

ケネディ暗殺から4日間の夫人に密着~米映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

ケネディ暗殺から4日間の夫人に密着~米映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

© 2016 Jackie Productions Limited 1963年11月22日、初の日米衛星中継でいきなり飛び込んできたのがケネディ大統領暗殺のニュースだった。 悲劇から葬儀までの4日間、 …

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

こういう映画は日本では撮れません。   ものすごく説得力がありました。   力作です。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ & …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。