武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒

一杯のお酒が人生を変える!?

投稿日:2012年3月27日 更新日:

「ウイスキーで人生が変わったんです」
この話はあちこちで、よぉ喋っています。
南大阪のバーを紹介したフリーの冊子『SHAKES Vol.4』にもエッセーで載せています。
シェイクス!!
ブログでも以前、書いたことがあるかもしれませんが、全文をアップしましょう。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
「な、なんや、これは!」
かれこれ四半世紀前、新聞記者をしていた32歳の時、スコッチのシングルモルト・ウイスキーを初めて口にし、感動のあまり声を上げてしまった。
銘柄はグレンフィディック。
グレンフィディック
お酒の飲めない親戚からお下がりで頂いた中元の品である。
シングルモルトは今やポピュラーだが、当時はまだまだレアで、居酒屋一辺倒だったぼくには無縁の洋酒だった。
香りも風味もそれまで飲んでいたモノとは何もかも異なっており、完全に心を奪われた。
それからだ。
モルトを求め、バーに通うようになったのは。
そこではしかし、カクテル、リキュール、ラムなどウイスキー以外のお酒にも目覚め、異業種の人とも知り合え、狭かった自分の世界がどんどん広がり始めた。
現実からちょっぴり遊離した異空間で嗜むお酒。
それはぼくに癒しと明日への活力を与え、何よりも大人であることを自覚させてくれた。
いつしかバーに足を運ぶうち、モルトを味わうだけでは物足りなくなり、それを生み出すウイスキーの蒸留所を実際に見たくなった。
記者魂がふつふつと湧き出てきたのだ。
そして2年後、勤続10年休暇を利用してスコットランドへ飛んだ。
1週間の滞在中、各地の蒸留所を駆け足で巡ったが、ぼくの関心はむしろスコットランドそのものに移っていった。
英国に属していながら、南のイングランドとはまた違った空気が流れており、住人のイングランドへの対抗意識も相当なもの。
ウイスキーの銘柄にも英語と異なる表記(ケルト語の一種ゲール語)が目立つ。
俄然、興味を覚えた。
スコットランドへは学生時代に一度訪れていたが、そのときは単に英国の一地方という認識しかなかった。
帰国後、さっそくかの地の歴史を文献でひも解くと、6世紀、アイルランドから渡ってきたスコット人が建国の礎を築いたことがわかった。
そのスコット人がケルト人の一部族だという。
「ケルト?」
初めてその名を目にしたぼくは、まるで麗しの恋人に出会った時のような激しいと
きめきを覚えたのだった。
こうして「ケルト熱」に冒され、1995年に新聞社を退職後、ヨーロッパに点在するケルトの関連地を隈なく訪ね歩いた。
ケルト文化が欧州の基層文化であることが浮かび上がり、ますますのめり込んでいった。
足かけ10年にわたる旅。
その成果を「ケルト」紀行シリーズ全10巻として完結できた。
このことはぼくにとってかけがえのない宝物となった。
大きな自信としなやかさが身につき、考えてばかりではダメで、行動に移すことの大切さも痛感した。
人生、一度限り。
やりたいことはちゃんと取り組まなアカン。
でないと後悔する。
確固たる指針が芽生えた。
今でもよく思う。
あのときグレンフィディックを口にしなかったら、今のぼくは絶対にないと。
ちょっとした縁が予期せぬ連鎖反応を引き起こす。
人生に豊かな彩を添えてくれたお酒。
あゝ、1杯の重みを実感……。

-お酒

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

特別展示会『高倉健』&キネマ旬報に掲載された拙著の書評~(^_-)-☆

特別展示会『高倉健』&キネマ旬報に掲載された拙著の書評~(^_-)-☆

ゴールデンウイークの後半突入。 今日の午後は梅田から阪神電車に乗り、阪神vsDeNA戦が気になる(?)甲子園を通りすぎて香櫨園に向かいました。 西宮市大谷記念美術館で開催中の追悼特別展『高倉健』を鑑賞 …

スタンダード・カクテルに魅せられて……

スタンダード・カクテルに魅せられて……

かれこれ40年ほど前の学生時代、コンパのあと、2次会で大阪・天王寺のバーへ友人たちと繰り出しました。 当時はビール一辺倒で、洋酒の知識は皆無でした。 止まり木に腰をおろし、いつも通りビールをオーダーし …

アイリッシュ・バーGATBYで『ウイスキー アンド シネマ』出版記念トークショー

アイリッシュ・バーGATBYで『ウイスキー アンド シネマ』出版記念トークショー

昨夜、うちの近くのアイリッシュ・バーGATBY(大阪市西区京町堀)で、実に楽しいひと時を過ごしました。   新刊『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)の出版記念トークショー。   先月、実家(谷町6丁目 …

仲一馬さん、追悼カクテルコンペ

仲一馬さん、追悼カクテルコンペ

かれこれ5年ぶりでしょうか、本当に久しぶりにカクテル・コンペを見に行きました。 大阪・堺で開かれた(社)日本バーテンダー協会南大阪支部の大会です。 さる6月に不慮の事故で亡くなられた同支部の設立者、仲 …

9月18日(日)、オンラインレクチャー『Viva! アイリッシュ・ウイスキーwith ケルト&シネマ』

9月18日(日)、オンラインレクチャー『Viva! アイリッシュ・ウイスキーwith ケルト&シネマ』

こんなイベントをやります~😁 ウイスキーに特化したお話は久しぶりです。 一般向けのわかりやすい内容、しかも無料~❗(笑) ご関心があれば、お気軽に参加してください~&#x …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。