武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪

『大阪の教科書 増補改訂版』~〈映画〉の章で書いています!!

投稿日:2012年3月16日 更新日:

大阪の教科書
大阪検定の公式テキストでもある『大阪の教科書』が3年ぶりに増補改訂され、きょう、出版社(創元社)から献本として1冊、届きました。
ぼくは『大阪映画 スクリーンに映し出された実像・虚像』というタイトルで執筆しました。
前回、取り上げた作品は以下の通り。
☆『浪華悲歌(えれじい)』(1936年)溝口健二監督
☆『王将』(1948年)伊藤大輔監督
☆『夫婦善哉』(1955年)豊田四郎監督
☆『ぼんち』(1960年)市川崑監督
☆『悪名』(1961年)田中徳三監督
☆『鬼の詩(うた)』(1975年)村野鐵太郎監督
☆『ガキ帝国』(1981年)井筒和幸監督
☆『泥の河』(1981年)小栗康平監督
☆『ブラック・レイン』(1989年)リドリー・スコット監督
☆『ビリケン』(1996年)阪本順治監督
これら10作に、今回の改訂版では次の7作品を追加しました。
☆『大阪の宿』(1954年)五所平之助監督
☆『ゴジラの逆襲』(1955年)小田基義監督、特撮:円谷英二監督
☆『心中天網島』(1969年)篠田正浩監督
☆『潤(ユン)の街』(1989年)金佑宣(キム・ウソン)監督
☆『大阪物語』(1999年)市川準監督
☆『オカンの嫁入り』(2010年)呉(オ)美保監督
☆『プリンセス トヨトミ』(2011年)鈴木雅之監督
ということで、全17作になりました。
名作だけではなく、話題作も入っています。
単なる作品紹介ではありません。
時代・社会背景や大阪の街と人との関わりを解説しています。
定価は本体1900円+税。
近々、書店に並ぶと思います。
今年の第4回大阪検定は、7月1日(日)です。
大阪本はやたら多いけれど、これが決定版~かな(^o^)v

-大阪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3月2日、『おおさかシネマフェスティバル2014』が開催~♪

3月2日、『おおさかシネマフェスティバル2014』が開催~♪

映画ファンのための映画まつり――。   春の訪れを告げる『おおさかシネマフェスティバル2014』が3月2日(日)、大阪・法円坂の大阪歴史博物館で開催されます。   大阪アジアン映画祭(3月7 …

発刊記念イベント、大盛況でした。at 隆祥館書店~!(^^)!

発刊記念イベント、大盛況でした。at 隆祥館書店~!(^^)!

昨夜は、生まれ育った大阪・谷町6丁目の隆祥館書店で、拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)の発刊記念イベントがありました。 満席(50人以上)で熱気ムンムンの中、100枚ほどの画像を流しながら、120年 …

深まりゆく秋の風物詩、大阪ヨーロッパ映画祭~

深まりゆく秋の風物詩、大阪ヨーロッパ映画祭~

大阪ヨーロッパ映画祭のハイライト「最新映画初上映・特別上映」が18日~23日、大阪・肥後橋のイシハラホールで開催されます。 気がつけば、今年で17回目。 秋の恒例イベントとして、すっかり大阪に定着して …

教え子との再会、バーでの極上のお祝い、喜ばしいメール……。

教え子との再会、バーでの極上のお祝い、喜ばしいメール……。

昨夜(10月7日)はなかなか刺激的なひと時を過ごしました。   今春、関西大学を卒業した教え子のさんちゃん(趙相宇=チョウ・サンウ)と梅田で一献傾けました。 JP9期生の彼は韓国人ですが、日 …

落語好きの新聞記者&噺家との珍道中記~『笑福亭純瓶と行く 上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き』

落語好きの新聞記者&噺家との珍道中記~『笑福亭純瓶と行く 上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き』

古巣新聞社の社会部記者、彦坂真一郎さんのもう一つの顔が上方噺研究家。 狐狸窟彦兵衛(こりくつ・ひこべい)という雅号を持ってはります。 確か大学時代、落語研究会に入ってはったと思います。 「遊び心」をみ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。