武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画 講演・トークショー

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

投稿日:

シネ・リーブル梅田で公開中の『ちいさな独裁者』のトークイベント。

昨日(10日)、午後2時からの回終了後、ほぼ満席の観客を前に、この映画について映画ライターの華崎さんと対談しました~🙆

写真は空席が目立っているように見えますが、背もたれが高いのです(笑)。

語りどころがいっぱいあり、簡潔に喋るのにひと苦労~😅

弱冠19歳の若造が空軍大尉の軍服をまとうや、年配の脱走兵を従え、暴君と化していく。

彼は私たちです。私たちは彼です。過去は現在です。

ロベルト・シュヴェンケ監督の言葉が胸に突き刺さります。

結局、「人は大きな嘘をつくほど、真面目な顔つきになる」という真理に落ち着きました~😜(笑)

-映画, 講演・トークショー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

ミステリー風味のドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

  ヴィヴィアン・マイヤー。   ご存知ですか?   全く無名のアマチュア女性写真家でしたが、6年前に死去してから、俄然、世界的に脚光を浴びています。   市井 …

人生、一度限り……、余命いくばくもない。はて、どうする?ドイツ映画 『君がくれたグッドライフ』

人生、一度限り……、余命いくばくもない。はて、どうする?ドイツ映画 『君がくれたグッドライフ』

人生、一度限り。 余命いくばくもないとわかったとき、どうしますか? そのひとつの回答を、このドイツ映画『君がくれたグッドライフ』は示してくれています。 安楽死、尊厳死の問題にも言及しており、いろいろ考 …

怒涛の数日間を振り返って

怒涛の数日間を振り返って

久しぶりのブログです。 芦屋BARの1周年記念ライブ(11月22日)のあと、なにかと慌しい日々を過ごしていました。 翌23日(土)は、ちょかBandの相方、疋田さんと天王寺の口縄坂で、ミュージック・ビ …

昨夜、ブックカフェ「ワイルドバンチ」でのトークイベント、大盛況でした~(^_-)-☆

昨夜、ブックカフェ「ワイルドバンチ」でのトークイベント、大盛況でした~(^_-)-☆

昨夜は、リニューアルオープンした大阪・天六(天神橋筋六丁目)のブックカフェ「ワイルドバンチ」でこけら落としのトークイベントを務めました。 拙著『ウイスキー アンド シネマ』Vol1.2(淡交社)に書か …

今年ナンバー1(!?)の邦画、『ディア・ドクター』~

今年ナンバー1(!?)の邦画、『ディア・ドクター』~

2009年が幕をおろすまでまだ5か月以上もありますが、現時点でまちがいなく日本映画のベストワンと言える作品が『ディア・ドクター』です。 日経新聞に掲載されたぼくの拙文を紹介します。まだ公開中です。未見 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。