武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

死を前にしてどう生きるか~『BIUTIFUL ビューティフル』

投稿日:2011年7月1日 更新日:

スペイン人俳優ハビエル・バルデムって、実に味のある演技を披露してくれますね。
名優だと思います。
この人が一球入魂で打ち込んだのがこの映画です。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
ビューティフル(1)
(C) Menageatroz S. de R.L. de C.V., Mod Producciones S.L., Ikiru Films S.L.
死を目前にした男の軌跡。
それを単に追うだけではなく、この人物の魂を多面的にすくい取ったことで、滋味深い人間ドラマとなった。
全編を覆うメランコリック(憂鬱)な、それでいて時たま浄化する空気が、生きることの意味を痛切に問いかける。
話題作『バベル』(2006年)などを手がけたメキシコ人のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、黒澤明監督の『生きる』(1952年)をモチーフにして撮った。
舞台はスペイン・バルセロナの貧民地区。
ウスバル(ハビエル・バルデム)は2人の幼い子を育てる優しいシングルファーザー。
しかし裏では、一見、チンピラ同然の男で、不法移民の就労に絡む危ない仕事に手を染めている。
先の見えない切羽詰まった日常。
(C) Menageatroz S. de R.L. de C.V., Mod Producciones S.L., Ikiru Films S.L.
冒頭から執拗に厳しい現実を突きつける。
そんな中、末期ガンで余命2か月の宣告。
『生きる』の主人公は公務員の自分にできる仕事に没頭したが、ウスバルには全くゆとりがない。
なぜなら救済したい者たちが周りにいるからだ。
愛するわが子、麻薬に溺れる情緒不安定な離婚した前妻、闇の工場で働く不法移民。
降下していく自分のことより他者に目を向ける。
幼いころに国を去った父親の存在も気になる。
この男、捨てたモンやないぞ。
そう思わせる展開がニクイ。
(C) Menageatroz S. de R.L. de C.V., Mod Producciones S.L., Ikiru Films S.L.
覚悟を決めているだけに強いが、死への恐怖心を拭えない。
その不安定な心理が、空回りする行動でさらに増幅する。
とりわけ前妻との再会は、マイナスに転化する愛の哀しさを露呈させ、実に痛ましい。
そして予期せぬ事件が起きる。
ビューティフル(2)
(C) Menageatroz S. de R.L. de C.V., Mod Producciones S.L., Ikiru Films S.L.
衝撃的な出来事が多く、少し面食らうが、必死さの陰で、何かに取り憑かれたように浮遊するウスバルになぜか共感できる。
死者と交信できる霊媒師の顔をサラリと描いたのもよかった。
2時間28分。
★★★
☆7月2日(土)よりロードショー!
大阪ステーションシティシネマ/TOHOシネマズなんば/TOHOシネマズ二条/シネ・リーブル神戸、他にて
(日本経済新聞2011年7月1日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

亡き母親の秘密……、仏映画『ミモザの島に消えた母』&独映画『生きうつしのプリマ』

亡き母親の秘密……、仏映画『ミモザの島に消えた母』&独映画『生きうつしのプリマ』

テアトルグループの「チラシ」に、ぼくの映画エッセーが載っています~(^_-)-☆

闇の中のぬくもり~ポーランド映画『ソハの地下水道』

闇の中のぬくもり~ポーランド映画『ソハの地下水道』

  Ⓒ 2011 Schmidtz Katze Filmkollektiv GmbH, Studio Filmowe Zebra, Hidden Films Inc. All Rights …

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

性的少数者(LGBT)の人たちが少しずつ社会に受け入れられつつある。   米国で昨年6月、最高裁で同性婚を認める判決が出された。   本作はその裁判に影響を与えたといわれる実話を映 …

浪花の映画大特集~50本を一挙上映!!!!

浪花の映画大特集~50本を一挙上映!!!!

この夏、大阪で画期的なイベントが開催されます~!! 大阪を舞台にした映画、50作品を一挙上映する『浪花の映画大特集』。 大阪・九条のシネー・ヌーヴォで、23日~9月2日。 溝口健二監督のトーキー第1作 …

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

イタリア映画『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』25日公開

某大国の大統領が入国の一時停止を発令し、改めてクローズアップされた難民・移民の問題。 それに直面しているイタリアの小島の現状を本作『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』はあますことなく伝えていま …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。