武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

このイギリス映画、見応えあり~『アリス・クリードの失踪』

投稿日:2011年6月20日 更新日:

いやぁ~、かなりの拾いモノでした~!
前回、ご紹介した日本映画『奇跡』とは全く異なったテイストですが、見応え十分。
あまりの面白さに、試写で見終わったあと、ちょっと興奮してコーヒーを3杯も立て続けに飲んでしまった(☆_☆)
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
アリスクリード(2)
      (C) CINEMANX FILMS TWO LIMITED 2009
登場人物が3人だけ。
しかも密室という閉ざされた空間。
そこで繰り広げられる粘っこい犯罪ドラマを、息をもつかせぬ展開で、一気に見せ切った。
舞台劇ならまだしも、映像で料理したところが凄い。
非常に刺激的なイギリス映画だ。
冒頭の10分間で心をわしづかみにされた。
白昼堂々、覆面をした2人組が若い女性を拉致し、アパートの一室に監禁、ベッドに縛り付ける。
完璧なまでの周到さ。
あまりの手際良さに呆然とさせられる。
一切言葉を発しないだけに、よけいにインパクトが強い。
犯人は刑務所で出会った中年男のヴィック(エディ・マーサン)とイケメン青年のダニー(マーティン・コムストン)。
人質の女性アリス(ジェマ・アータートン)は富豪の娘で、2人は彼女の父親に身代金を要求する。
アリスクリード(1)
      (C) CINEMANX FILMS TWO LIMITED 2009
ここまではごく普通の誘拐事件だが、ダニーがアリスに素顔を見られたことから激変する。
あっと驚く人間関係が浮き彫りにされ、3人3様、本性をむき出しにするのだ。
同時に各人のキャラクターが絡み合い、加害者と被害者という構図では説明がつかなくなる。
逃げたい一心であれこれと画策するアリス。
ズケズケと命令する几帳面なヴィックに反発する小心者のダニー。
騙し合い、疑心暗鬼、したたかさ、絶望、恐怖……。
ありとあらゆる感情と言動が室内にうごめく。
状況が刻々と変わる中、やがてカオス状態へと陥り、気がつくと、濃厚な心理劇に変質しているといった具合。
本作で長編デビューしたJ・ブレイクソン監督は容赦なく至近距離から3人に迫り、秩序の乱れをシャープに描き上げる。
監督が手がけた脚本も秀逸だ。
当然、どんでん返しが用意されており、最後まで気が抜けない。
イギリス映画界は稀有な才能を得た。
1時間41分
★★★★
☆大阪ではシネ・リーブル梅田で公開中
(日本経済新聞2011年6月17日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

21日、またまた『大阪「映画」事始め』の講演をします~(^_-)-☆

21日、またまた『大阪「映画」事始め』の講演をします~(^_-)-☆

今夕、ABCの情報番組『キャスト』で特集「神戸・京都・大阪の映画発祥地論争(?)」が放映されました。 海外からの映画導入に貢献した稲畑勝太郎さんと荒木和一さんの名前が出てこなかったのは残念ですが、短い …

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日土曜日です』に出演しました~(^_-)-☆

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日土曜日です』に出演しました~(^_-)-☆

今朝、ABCテレビ『おはよう朝日土曜日です』(おは土)で、アカデミー賞の諸々について喋ってきました~😁 コメンテーターの福本豊さんと握手したかったのですが、なにせ秒単位で動いており、ご …

大阪ヨーロッパ映画祭が始まります~!!

大阪ヨーロッパ映画祭が始まります~!!

大阪ヨーロッパ映画祭が明日(22日)から、堂島のホテルエルセラーン大阪をメーン会場にして開幕します(26日まで)。   今年で19回目。   すっかり晩秋の大阪の風物詩になりました …

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

『映画・ウイスキー……エトセトラ in SCOTLAND』 昨日、こんな演題で日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会を務めさせていただきました。 おかげさまで、会場のとよなか国際交流セン …

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

『浪花の映画大特集』が始まった大阪・九条の映画館シネ・ヌーヴォで、トークショーを終え、帰ってきました。 谷崎潤一郎の名作『春琴抄』を巨匠・伊藤大輔監督が映像に甦らせた『春琴物語』の上映後のイベント。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。