武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ベタつき感のない大阪映画~『オカンの嫁入り』

投稿日:2010年9月3日 更新日:

オカン(1)
      ©2010『オカンの嫁入り』製作委員会
このタイトルを観て、ウ~~ンと引く人がいるかもしれないが、この映画は見応えありますよ。
今日の日本経済新聞夕刊に掲載されたぼくの映画エッセーです。
   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
母娘の絆をほんわかとしたムードで描いた家庭ドラマ。
大阪を舞台に大阪人が登場する、いわゆる大阪映画によく見られるベタつき感があまりなく、適度な品を保っていた。
そこが妙に新鮮に感じられた。
未明、酔っ払って帰宅した母親の陽子(大竹しのぶ)が「お土産がある」と戸口で泥酔している男を娘の月子(宮粼あおい)に紹介するや、「プロポーズされたの」と平然とのたまう。
ケレン味のある冒頭シーンから娘の不機嫌が始まる。
開けっぴろげで、屈託のない陽子。
少し根暗で慎重派の月子。
名前のごとく全く対照的な母子が2人で肩を寄せ合って暮らしてきたが、陽子が15歳年下の研二(桐谷健太)と再婚することで秩序が一気に乱れる。
嫌悪感、不潔感、疎外感、嫉妬心などマイナスの感情が月子に芽生え、母、娘、母親の婚約者との三角関係を軸に物語が展開する。
母子の家は京阪沿線のとある町。
当然、流暢な大阪弁を操り、大阪人特有の“体臭”を醸し出さねばならない。
大竹と宮粼は共に東京生まれだが、それをほぼクリアしていた。
脇を固める俳優も大阪人が多く、安心して観られた。
オカン(2)
     ©2010『オカンの嫁入り』製作委員会
大阪色を強調しすぎると、ステレオタイプなコテコテの作風になる。
三重県出身の呉美保監督は色眼鏡で見ず、程よくアクの強さをそぎ落とし、まろやかな空気を映像に注ぎ込んだ。
監督2作目。演出力がある。
研二は金髪のリーゼントでヤンキー丸出し。
見るからにとっつきにくそうだが、実は心根の優しい男で、元板前とあって料理の腕はピカ一。
彼の手作りの品々が脇役から主役へと躍り出てくるところが面白い。
陽子は結婚式で白無垢を着たいと言い出す。
なぜか焦っている。
その理由が明らかになったとき、愛情と思いやりが映画に充満した。
1間50分。★★★★
☆9月4日(土)
梅田ブルク7、なんばパークスシネマ、
MOVIX京都、三宮シネフェニックス、シネプレックス枚方他
全国ロードショー
配給:角川映画
(日本経済新聞2010年9月3日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日常の尊さを綴った珠玉のイギリス映画『いとしきエブリデイ』

日常の尊さを綴った珠玉のイギリス映画『いとしきエブリデイ』

前説は不要です。 以下の拙文を読んでください~(^o^)v     ☆     ☆     ☆     ☆ 限りなくドキュメンタリーに近いフィクション。 ある一家を独特な手法で5年にわたって追い求めた …

アンジェイ・ワイダ監督の遺作『残像』、24日から公開

アンジェイ・ワイダ監督の遺作『残像』、24日から公開

Ⓒ 2016 Akson Studio Sp. z o.o, Telewizja Polska S.A, EC 1 – Łódz Miasto Kultury, Narodowy Instytut A …

プリンセスから1人の女性への回帰~『ダイアナ』

プリンセスから1人の女性への回帰~『ダイアナ』

© 2013 Caught in Flight Films Limited.All Rights Reserved「世界のプリンセス」と呼ばれた英国の元皇太子妃ダイアナさん。 この映画を天国からどんな …

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

インドから帰って来て2日後の5月31日、関西大学社会学部メディア専攻の講座「メディア史」(2限)に登壇しました。 『日本の初期映画史~大阪と映画』 こんな演題で、映画がいかにして日本に入ってきたのか、 …

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

三重苦を克服したフランス人少女の物語~『奇跡のひと マリーとマルグリット』

 『奇跡の人』   この題名を聞くと、年配者ならヘレン・ケラーとサリヴァン先生の話を思い浮かべるでしょう。   よく似たことがフランスでもあったんですねぇ。   ☆    …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。