武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

投稿日:2011年7月23日 更新日:

『浪花の映画大特集』が始まった大阪・九条の映画館シネ・ヌーヴォで、トークショーを終え、帰ってきました。
谷崎潤一郎の名作『春琴抄』を巨匠・伊藤大輔監督が映像に甦らせた『春琴物語』の上映後のイベント。
主演の京マチ子さんが菩薩のように美しかった~!!
持ち時間が少なくて、お笑いを取るゆとりがなかったのが残念でしたが……。
さて、先日、原田芳雄さんが71歳で亡くなりはりました。
大好きな俳優だっただけに、無念です。
この人が最後にエネルギーをめいっぱい注いだ映画『大鹿村騒動記』が公開されています。
その映画評をどうぞ。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
大鹿村騒動記
(C)2011「大鹿村騒動記」製作委員会
南アルプスを望む長野県大鹿村を舞台に、300余年も続く村の伝統芸能、歌舞伎を絡ませたヒューマン・ドラマ。
この山村に魅了され、企画を立ち上げた故原田芳雄が主演を務め、阪本順治監督の手で人情味あふれる群像劇に仕上がった。
鹿料理店を営む風祭善(原田)は、サングラスにテンガロンハットが様になるダンディーな初老の男。
歌舞伎では村一番の花形役者として名を馳せ、それが心の拠り所になっている。
気楽に男やもめを貫く善だが、舞台本番の5日前、予期せぬ事態が。
18年前、駆け落ちして村を去った妻の貴子(大楠道代)と幼なじみの治(岸部一徳)が帰ってきたのだ。
しかも認知症気味の彼女を持て余した治から「返す」と言われて……。
何と強烈な導入部。
このあと善はどんな行動を取るのか。
三角関係を軸に、リニア新幹線の誘致問題、歌舞伎の稽古などを織り込みながら、物語がゆるりゆるりと展開する。
コミカルに、かつ軽妙に描かれる人物模様が観ていて実に楽しい。
まさに阪本監督の真骨頂。
近作では演出に空回りが目立ったが、本作では全くよどみがない。
クライマックスの歌舞伎の場面は見応え十分だった。
役者に変身した面々が一心不乱に熱演し、驚くほど端整な所作を披露。
佐藤浩市の女形もよく似合っていた。
さすがプロの俳優だ。
演目は『六千両後日文章 重忠館の段』。
平家滅亡後の後日談で、頼朝に立ち向かう景清に善が扮する。
ともに「敗戦の将」。
苦笑するしかないが、そこに男の意地と矜持を重ね合わせる。
貴子を絡ませるところがミソ。
全てロケで、2週間で撮り終えたが、そんなふうには見えなかった。
どこか関西風味のけったいな人物たちが村の風情と見事に溶け合っていたから。
原田芳雄、渾身の遺作となった。
1時間33分
★★★★
(日本経済新聞2011年7月22日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大阪、映画はじめて物語~!! ムック『大人の大阪本』に掲載

大阪、映画はじめて物語~!! ムック『大人の大阪本』に掲載

  『大人の大阪本』(京阪神エルマガジン社)   こんなムックが5日、書店に並びます。   落語&お酒、美術、映画、建築、古地図、絵葉書、寿司、昆布だし、割烹。 &nbs …

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

性的少数者(LGBT)の人たちが少しずつ社会に受け入れられつつある。   米国で昨年6月、最高裁で同性婚を認める判決が出された。   本作はその裁判に影響を与えたといわれる実話を映 …

滋味深い1日のドラマ~『朝食、昼食、そして夕食』

滋味深い1日のドラマ~『朝食、昼食、そして夕食』

こんな映画、大好きです。   人生が凝縮しているから。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ ごく普通の1日にかくも多彩なドラマが詰まっていようとは……。 …

映画ファンのためのサイト、シネルフレ(cine reflet)でぼくの映画エッセイがスタート~(^_-)-☆

映画ファンのためのサイト、シネルフレ(cine reflet)でぼくの映画エッセイがスタート~(^_-)-☆

映画ファンのための感動サイト~!!   シネルフレ(cine reflet)   いつも試写室でお会いしている映画大好き人間のKさんが中心になって発信しているサイトです。 &nbs …

骨太な報道メディアの社会派映画『新聞記者』(28日から公開)

骨太な報道メディアの社会派映画『新聞記者』(28日から公開)

日本では、どういうわけか、政治を扱った報道メディアの社会派映画がほとんど作られていません。 アメリカでは、『大統領の陰謀』をはじめ、『ニュースの真相』、『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』などいろ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。