武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒

『JAPANESE WHISKY YERABOOK 2024 日本蒸留所年鑑』(ウイスキー文化研究所)を謹呈してもらいました!

投稿日:

気が付けば、2月に突入していました。

現在、日本国内にウイスキー蒸留所が何か所あるのかご存知ですか?

何と~~、114か所もあるんです!!

この1年間に38か所も増えているのですからびっくりポン!

そのすべての蒸留所を網羅したガイドブック『JAPANESE WHISKY YEARBOOK 2024 日本蒸留所年鑑』を、発行所のウイスキー文化研究所から贈っていただきました。

ありがとうございます!

昨年に続き、これが第2弾。

年鑑なので、毎年、新たな情報が盛り込まれて刊行されるんですね。

各蒸留所の情報が盛りだくさんで、非常に読みやすい。

とりわけ、巻末の「ジャパニーズウイスキー関連年表」は日本におけるウイスキー業界の歩みが手に取るようにわかります。

国内旅行に出かける際、これを携えておれば、ひょっこり蒸留所に訪れることができそう。

ウイスキー愛飲家には必携ですね!

-お酒,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

一杯のお酒が人生を変える!?

一杯のお酒が人生を変える!?

「ウイスキーで人生が変わったんです」 この話はあちこちで、よぉ喋っています。 南大阪のバーを紹介したフリーの冊子『SHAKES Vol.4』にもエッセーで載せています。 ブログでも以前、書いたことがあ …

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞(2014年3月23日付朝刊)のこの書評、なかなか酔狂で、気に入っています。   今ごろになって、ポツリポツリとメディアで紹介されています。   ハヤカワミステリーマガジン …

ハロウィーンの夜に、ウイスキー評論家、土屋守さんと映画対談

ハロウィーンの夜に、ウイスキー評論家、土屋守さんと映画対談

昨夜は、ハロウィーンとあって、けったいな格好をした若者たちが街を歩き回っていましたね。   元々はケルトの歳時記。   それが日本では商業主義と結びつき、お祭り騒ぎになってしまいま …

天六のシネマパブ「ワイルドバンチ」、とりあえず営業終了

天六のシネマパブ「ワイルドバンチ」、とりあえず営業終了

大阪の天六(天神橋筋六丁目)から映画・映像文化を発信してきたシネマパブ「ワイルドバンチ」が昨日(2月13日)でもって、とりあえずピリオドを打ちました。 入居しているビルが老朽化のため、取り壊しになるた …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

【身も心も休まる本】 『水木サンの幸福論 妖怪漫画家の回想』 水木しげる *日本経済新聞社 2004年   今や注目の漫画家が、世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から、ユニークな「幸福の七カ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。