武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

スペイン・アンダルシア紀行(2019年9月2日~12日)

スペイン・アンダルシア紀行~6日目(9月7日)

投稿日:

旅の6日目。

朝、アルヘシラスの港から対岸のジブラルタルを眺めました。

コンテナリフトの向こうに見えるジブラルタルは頂に雲がかかっていました。

バスで1時間半揺られ、昼前にヘレス・デラ・フロンティーらに到着。

ここも20年前に来ています。

バス・ステーションに隣接する鉄道駅はなかなか風格がありますね。

本来は仕事のはずやったのですが……。

古代ケルト絡みの取材で、午後、この町の考古学博物館の学芸員と会うことになっていたのですが、博物館に行くと、「今日は都合が悪くなったので、明日の午前10時に来てほしい」との英文伝言を受け取り、ガーン~!

ドタキャンされちゃいました~( ;∀;)

スマホの連絡先を教えていたんやから、事前に一報してくれはったらよかったのに……、プンプン。

まぁ、文句を言うても詮ないこと。

時間ができたので、シェリー酒のボデガ(酒蔵)見学をしてもよかったのですが、前回、3か所ほど訪れているので、今回はパスし。西方にある海辺の町サンルーカルへ行くことにしました。

初めて訪れるところです。

その前にランチ。

こちらに来て、初めてIPAのビールを飲みました。

切れがすごくよかった~!

そしてシェリー酒のアモンティリャードを。

これ、大好きですねん。

街の通りにはリモコンで動く「ロボット」が人の目を楽しませていました。

これ、一体何???(笑)

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

サンルーカルへはバスで約40分。

そこはシェリー酒と同じ酒精強化ワイン、マンサニージャの産地。

街中に9つのボデガがあります。

この銘柄は日本でよく知られています

どこかに見学しようと、日本で一番よく知られているLA GITANA(ラ・ヒターナ)のボデガに入ると、若い男性従業員が「すんません、土曜日、午後は閉めてますねん」。

ありゃ、残念~( ;∀;)

「この酒蔵を見たさにわざわざ日本からやって来ましてん。何とかなりませんか~」

こういう場合、嘘も方便~(笑)

「おおきに、ありがとうございます。でも、スタッフがもういてませんねん。まぁ、こっちのカウンターで一杯飲んでください」

ほんまに一杯、サービスしてくれはりましたわ~

シェリー酒のフィノとはまた違った爽やかな風味、大好きです~💛

気温は34度。でも、乾燥しているので、ぼくには心地よかったです~(#^^#)

なにせインドで湿気ムンムンの46度を経験してまっさかいに、全くノープロブレム~(笑)

堅牢な岩の城、誰も歩いていない通り、華やいだ広場、広々としたビーチ……、素敵なところで、いっぺんに気に入りました~。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

夜、ヘレスに戻り、夕食のための恒例のバール巡り~

毎晩、飲んでますね(笑)

もちろん、シェリー酒のオンパレード~。

黒澤映画が大好きなバールのお兄さん。

キリストみたいな風貌なのに、ぼくが日本人とわかると、「どうも、どうも」と日本語を発し、くいだおれ太郎のような仕草を連発しためちゃめちゃイチビリなバールの店主(だれか教えたんかいな~)。

その横で、「お父ちゃん、イチビるのんええ加減にしとき」とブレーキをかける息子さん。

「京都アニメの事件はほんまに悲しい」と声をかけてきたアニメ好きの青年……。

皆さん、人なっこいです~(^_-)-☆

街中では、アイリッシュ音楽のコンサート、ビートルズやストーンズの曲をカバー するアコギ・ユニットのライブなどなど、えらい賑わってました~♬♬

まさかアンダルシアでアイリッシュ音楽を聴くとは……

そのユニット、結構、笑いを取ってはったので、アンダルシア版のちょかBandかも~(笑)。

ビートルズの『抱きしめたい』が演奏されると、大合唱が沸き起こり、おばちゃんが踊ってノリまくり~。

20年前と比べ、居酒屋的なバールが減り、レストランやオシャレなバーが増えていました。

前回、シブイおじいさんがカウンターの中にいたシェリー酒専門のバールを訪れると、何と中国人夫婦が経営するごくありきたりなバールになってました~((+_+))

時代は変わってきてますね。

そんなこんなで、ヘレスの夜を存分に楽しみました~(^O^)/

-スペイン・アンダルシア紀行(2019年9月2日~12日)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スペイン・アンダルシア紀行~8日目(9月9日)

スペイン・アンダルシア紀行~8日目(9月9日)

前夜、フラメンコを満喫したセビーリャの街は燃え盛ってました~! ところが今朝は一転、おだやかな世界です。 川辺でランニングやウォーキングをする人たち、朝寝をしているおばあちゃん、川でボートを漕いではる …

スペイン・アンダルシア紀行~9日目(9月10日)

スペイン・アンダルシア紀行~9日目(9月10日)

火曜の朝、ウェルバの街は日常が戻り、それなりに活気がありました。 こんなモダンな商店街 公園のベンチに座ってると、小柄なおばあちゃんが連れている小さなプードル犬がぼくの足元に向かって、「キャン、キャン …

スペイン・アンダルシア紀行~1日目(9月2日)

スペイン・アンダルシア紀行~1日目(9月2日)

関空国際空港なう。 今からスペイン南部アンダルシアへ向かいます。 この飛行機が1時間20分遅れで離陸 関空⇒(KLMオランダ航空)⇒アムステルダム⇒(TRANSAVIA航空)⇒マラガです~ 首都マドリ …

スペイン・アンダルシア紀行~3日目(9月4日)

スペイン・アンダルシア紀行~3日目(9月4日)

次の目的地は西方の英国領ジブラルタル。 マラガからバスで2時間40分揺られてラ・リネアへ、そこから歩いてジブラルタルに入国します。 午前8時45分発のバスに乗るつもりが、街中のバールで朝食(カフェ・コ …

スペイン・アンダルシア紀行~10日目(9月11日)

スペイン・アンダルシア紀行~10日目(9月11日)

わずか3時間の睡眠時間でバッチリ目が覚めました。 妙に頭が冴え、今回の旅を振り返りました。 取材のアポをしていたので、「縛り」があって、いつものように勝手気ままに移動できなかったけど、それでも「フリー …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。